肥満細胞症

出典: meddic

mastocytosis
肥満細胞腫 mastocytoma色素性蕁麻疹 urticaria pigmentosa



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P2-03-2 肥満細胞症の2例(P2-03 アトピー性皮膚炎,皮膚アレルギー3,ポスターセッション,第23回日本アレルギー学会春季臨床大会)
  • 市村 昇悦,栂 暁子,谷口 浩和,谷内江 昭宏
  • アレルギー 60(3・4), 479, 2011-04-10
  • NAID 110008594601
  • アナフィラキシーを呈した成人肥満細胞症の1例
  • 豊田 美都,国場 尚志,桐生 美麿,古江 増隆
  • 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology 72(5), 457-461, 2010-10-01
  • NAID 10027731847

関連リンク

目次 肥満細胞症とはどんなもの? 肥満細胞症の種類 肥満細胞症の症状と治療 ....
肥満細胞症はまれな病気です。他のアレルギー反応とは異なり、慢性の病気であって 一時的反応ではありません。肥満細胞症は、肥満細胞が増殖し数年かかって組織に 蓄積すると発症します。肥満細胞は免疫システムを構成する細胞群の1つで、 アレルギー ...

関連画像

1119DSC_0119肥満細胞症f0272828_0482111.jpgなにを誤ってしまったのか…20 腹痛


★リンクテーブル★
先読み色素性蕁麻疹
リンク元ダリエー徴候」「肥満細胞腫」「マスト細胞症」「mast-cell disease
拡張検索全身性肥満細胞症」「無痛性全身性肥満細胞症」「侵襲性全身性肥満細胞症」「皮膚肥満細胞症」「びまん性皮膚肥満細胞症
関連記事肥満」「肥満細胞」「」「細胞

色素性蕁麻疹」

  [★]

urticaria pigmentosa
色素性じん麻疹色素性じんま疹


ダリエー徴候」

  [★]

Darier sign, Darier's sign
Darier徴候
皮膚描記症
  • 肥満細胞症(色素性蕁麻疹)の色素斑部に皮膚描記法を行うと著しく膨隆して膨疹を形成すること(NDE.71)
  • 肥満細胞症と色素沈着症の鑑別に有用



肥満細胞腫」

  [★]

mastocytoma
肥満細胞症マスト細胞腫



マスト細胞症」

  [★]

mastocytosismast-cell disease
肥満細胞症


mast-cell disease」

  [★]

肥満細胞症マスト細胞症

mastocytosis


全身性肥満細胞症」

  [★]

systemic mastocytosis
系統的肥満細胞病びまん性肥満細胞病 diffuse mastocytosis、全身性マスト細胞疾患
侵襲性全身性肥満細胞症無痛性全身性肥満細胞症


無痛性全身性肥満細胞症」

  [★]

indolent systemic mastocytosis
全身性肥満細胞症侵襲性全身性肥満細胞症全身性マスト細胞疾患無痛性全身性マスト細胞症


侵襲性全身性肥満細胞症」

  [★]

aggressive systemic mastocytosis
全身性肥満細胞症全身性マスト細胞疾患無痛性全身性肥満細胞症


皮膚肥満細胞症」

  [★]

cutaneous mastocytosis
びまん性皮膚肥満細胞症


びまん性皮膚肥満細胞症」

  [★]

diffuse cutaneous mastocytosis
皮膚肥満細胞症


肥満」

  [★]

obesity
肥満症
overweight

定義

  • 体脂肪が異常に蓄積した状態
  • 日本肥満学会による定義ではBMI 25以上を肥満としている。
  • その他に、標準体重の20%以上増加(肥満度が20%以上ということ)、体脂肪率で男性25%、女性30%以上を肥満とする定義がある。

分類

病態

  • 2. 続発性肥満:何らかの先行素因に続発する肥満
シプロヘプタジンクロルプロマジンフェノチアジン

重症度

日本肥満学会によるBMIの肥満分類
  • 低体重   18.5>
  • 普通体重 18.5≦ <25
  • 肥満(1度) 25≦ <30
  • 肥満(2度) 30≦ <35
  • 肥満(3度) 35≦ <40
  • 肥満(4度) 40≦

肥満に合併する疾患

  • 脳血管障害、心疾患(心肥大等)、動脈硬化、呼吸器疾患(睡眠時無呼吸症候群)、脂肪肝、胆石症、高血圧、高脂血症、糖尿病、腎疾患、月経異常、関節痛




肥満細胞」

  [★]

mast cell, mastocyte
マスト細胞
ヒスタミン好塩基球

形状

  • 20-30μm (HIS.101)
  • 細胞質に0.3-0.8μmの顆粒を含む

特徴

  • 顆粒は様々な生理活性物質を含む
ヘパリン(or コンドロイチン硫酸)、
ヒスタミン
中性プロテアーゼ(トリプターゼキマーゼカルボキシペプチダーゼ)
アリルスルファターゼ
その他
β-グルクロニダーゼ
キニノゲナーゼ
ペルオキシダーゼ
スーパーオキシドジスムターゼ
好酸球走化因子
好中球走化因子

由来

  • 骨髄の前駆細胞

染色像


臨床関連

  • 炎症(I型アレルギー)の引き金を引く細胞。喘息患者の気道平滑筋層に存在(健常人では存在しない(HIM. 1598)
  • 肥満細胞症



症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態


細胞」

  [★]

cell
cellula







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡