肥満療法

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • インクレチンの膵外作用とその臨床応用 インクレチンの摂食抑制作用と抗肥満療法 (特集 インクレチン関連薬--糖尿病治療のパラダイムシフト) -- (インクレチンの基礎・臨床研究の進歩)
  • 中川 淳,西澤 誠,古家 大祐
  • 日本臨床 69(5), 826-830, 2011-05
  • NAID 40018816625
  • 運動療法・肥満療法に伴う視床下部弓状核でのレプチン受容体発現の変化(神経・感覚, 第59回日本体力医学会大会)
  • 篠崎 智一,依田 絵美,立石 直人,木村 真規,柴崎 敏昭
  • 体力科學 53(6), 646, 2004-12-01
  • NAID 110004042221

関連リンク

治療の実際と改善例 > 肥満・ダイエット 糖質制限の食事と栄養素による肥満症治療。オーソモレキュラー療法の肥満へのアプローチでは、詳細な血液検査の結果から、その方特有の肥満の原因を探ります。そして糖質制限の食事と ...
肥満治療の一つである減量手術(胃バルーン、ラップバンド、ミッドバンド、胃バイパス手術、胃切除術)について、日本で唯一の減量手術チームを率いる減量外科専門医師が詳しく解説を行っています。

関連画像

肥満外科治療とはダイエット科|診療科のご案内 BMI 25未満でも肥満症 : 井蛙内科 MAIN THEME 特集 肥満治療と糖尿病


★リンクテーブル★
関連記事肥満」「」「療法

肥満」

  [★]

obesity
肥満症
overweight

定義

  • 体脂肪が異常に蓄積した状態
  • 日本肥満学会による定義ではBMI 25以上を肥満としている。
  • その他に、標準体重の20%以上増加(肥満度が20%以上ということ)、体脂肪率で男性25%、女性30%以上を肥満とする定義がある。

分類

病態

  • 2. 続発性肥満:何らかの先行素因に続発する肥満
シプロヘプタジンクロルプロマジンフェノチアジン

重症度

日本肥満学会によるBMIの肥満分類
  • 低体重   18.5>
  • 普通体重 18.5≦ <25
  • 肥満(1度) 25≦ <30
  • 肥満(2度) 30≦ <35
  • 肥満(3度) 35≦ <40
  • 肥満(4度) 40≦

肥満に合併する疾患

  • 脳血管障害、心疾患(心肥大等)、動脈硬化、呼吸器疾患(睡眠時無呼吸症候群)、脂肪肝、胆石症、高血圧、高脂血症、糖尿病、腎疾患、月経異常、関節痛




法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


療法」

  [★]

therapyregimencureremedytherapeutic




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡