股関節脱臼

出典: meddic

hip dislocation, dislocation of the hip
luxatio coxae
先天性股関節脱臼発育性股関節形成不全



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/12/06 10:34:45」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • スケートボード中に受傷した下肢外傷の2例
  • 植木 貴之,尾上 英俊,中村 厚彦,森 俊,廣田 高志,大久保 昭史郎
  • 整形外科と災害外科 64(2), 291-294, 2015
  • 股関節脱臼骨折及び大腿骨骨幹部骨折は,転落や交通外傷などの高エネルギー外傷が原因となるものが多い.今回我々はスケートボード中に受傷した下肢外傷の2例を経験したので報告する.【症例1】37歳,男性.スケートボードでジャンプした際に着地に失敗し受傷.単純X線にて右大腿骨骨幹部骨折を認め,受傷5日目に髄内釘による骨接合術を行った.【症例2】39歳,男性.スケートボード中にバランスを崩して転倒 …
  • NAID 130005071277
  • 股関節後方脱臼骨折に対する骨接合術の治療経験
  • 廣田 高志,尾上 英俊,中村 厚彦,森 俊,大久保 昭史郎,植木 貴之
  • 整形外科と災害外科 64(1), 126-128, 2015
  • 股関節後方脱臼骨折は整復後の大腿骨頭壊死や変形性股関節症の発生が問題となる.今回当科で股関節後方脱臼骨折に対し骨接合術を行った症例について検討したので報告する.2000年4月~2012年12月までに股関節後方脱臼骨折に対し骨接合術を行い1年以上経過観察可能であった13例を対象とした.全例男性で受傷時年齢は17~73歳(平均46歳),術後経過観察期間は1年~5年2か月(平均2年4か月)であった.骨折 …
  • NAID 130005071234
  • 人工骨頭の反復性脱臼に対してDual bearingカップを用いた再置換の治療経験
  • 田籠 泰明,針 秀太,加来 信広
  • 整形外科と災害外科 64(1), 79-83, 2015
  • … 症例:72歳,女性.平成9年に両大腿骨頭壊死症に対して左右の人工骨頭置換術が時期を隔てて施行された.術後入院中に右股関節脱臼を発症し,その後は1年に1回の頻度で脱臼を繰り返していた.術後16年経過をしたが,最近の1年間でも右股関節は2回の脱臼を経験した.脱臼を生じにくい安定した股関節を獲得するため,再置換術を行う方針となった.本症例の問題点として,全身的には高齢で膠原病や軽度の認知症な …
  • NAID 130005071222

関連リンク

gooベビー「先天性股関節脱臼 [赤ちゃんの病気対策]」についてのページです。赤ちゃん の月齢別の情報、子育て・育児の悩み、病気、予防接種、離乳食レシピ等を詳細にご 紹介しています。特集コラムや掲示板も充実しています。
先天性股関節脱臼は女の子に多く見られる病気です。 あまり知られていませんが、今も 、どこかで多くの子供たちと、その家族が闘っています。 この病気を多くの方に知って いただきたい、そして、今現在悩んでいる多くの方々に正しい情報を提供したい。

関連画像

 股関節脱臼の予防に関する資料現在、股関節の開きなどを 施術中特に寒い冬は気をつけてid:suzumet:20120729124447j:image:w360先天性 股関節脱臼


★リンクテーブル★
国試過去問107I066」「098G119
リンク元発育性股関節形成不全」「外傷性脱臼
拡張検索先天性股関節脱臼」「外傷性股関節脱臼
関連記事股関節」「関節」「脱臼

107I066」

  [★]

  • 74歳の女性。右股関節部の運動痛起立不能とを主訴に来院した。本日、自宅玄関の段差につまずいて転倒し、動けないところを家族が発見し救急外来を受診した。昨日までは手押し車を押して近所まで買い物に行くことが可能であった。意識は清明。右下肢以外の自動運動は可能である。座位では疼痛は少ないが、右股関節を内外旋させると疼痛が強い。支えても立位をとることはできない。四肢反射の亢進はなく、感覚障害を認めない。両股関節エックス線写真(別冊No.21)を別に示す。
  • 診断はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107I065]←[国試_107]→[107I067

098G119」

  [★]

  • 緊急処置の適応でないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098G118]←[国試_098]→[098G120

発育性股関節形成不全」

  [★]

developmental dysplasia of the hip DDH
股関節脱臼

概念

  • 解剖学的な形成不全などにより将来股関節脱臼に至りうる股関節からすでに脱臼している股関節を含めた病態の総称

疫学

SOR.513
  • 発生率:1-3/1000出産
  • 男女比=1:5-9

病因

  • 遺伝的要因
  • 環境的要因:母体内~出産時~出生後

疑わせる身体所見

  • 片側の開排制限
  • クリック徴候

乳幼児期

  • 脚長差
  • 向き癖
  • 大腿皮膚溝の左右差:仰臥位とし臀部を見る → 脱臼により患肢の短縮が起こり、余分な皮膚により溝が深くなる。
[show details]
  • 寛骨臼の空虚

身体検査

SOR.514
  • Allis徴候:陽性

検査

  • 両股関節単純正面X線写真
  • 関節造影
  • MRI
  • 超音波エコー

治療

  • 新生児期:経過観察(向き癖、おむつ、抱き方の指導) → ほとんどの症例で正常股に発達。
  • 乳児期:
  • 幼児期: → 高度の臼蓋形成不全、大腿骨頚部変形が存在する
  • A) 保存的治療
  • B) 観血的整復

参考

  • 1. [charged] Clinical features and diagnosis of developmental dysplasia of the hip - uptodate [1]

国試


外傷性脱臼」

  [★]

traumatic dislocation
股関節脱臼脱臼


先天性股関節脱臼」

  [★]

congenital dislocation of hip joint CDH
luxatio coxae congenita LCC
股関節脱臼発育性股関節形成不全

疫学

  • 1000人に対しに1人
  • 男女比:1:5-8

身体所見

[show details]

国試


外傷性股関節脱臼」

  [★]

traumatic dislocation of  the hipjoint


股関節」

  [★]

こかんせつ
hip joint (K)
articulatio coxae
股関節の筋


血管 (M.354)

臨床関連

疾患 多い属性
年齢 性別
乳幼児化膿性股関節炎 乳児  
先天性股関節脱臼 乳児 女児
ペルテス病 学童 男児
大腿骨頭すべり症 思春期 男子
大腿骨頭壊死 成人 男性
変形性股関節炎 成人 女性




関節」

  [★]

joint joints, synovial joints
juncturasynovialis, articulationes synoviales
滑膜性の連結 synovial joint junctura synovialis

種類


脱臼」

  [★]

dislocation, luxation
luxatio





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡