肝角徴候

出典: meddic

hepatic angle sign
肝角消失 obliteration of hepatic angle
hepatic angle
  • 腹腔内液体貯留により肝臓の外側下方の輪郭が不明瞭になること。

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

張した腸係蹄と思われる軟部影も認める。Dog’s ear signを認めるが、側腹線条、肝角徴候、 肝側縁徴候などはなく、腹水ではなく拡張した腸管が骨盤内を占めている状態が疑われる。 これほどの拡張は麻痺性イレウスでは考えにくく ...
肝角徴候 とかHepatic angle signとかいいますね。また、Hellmer's Signとは、肝右葉の外側の液体貯留によって肝辺縁が内側に追跡できるサインのことです。普段は右葉の外側は見えません。 骨盤内の高吸収とDog's Ear Sign 骨盤で ...
... , 肝角徴候).立位写真では腹水が移動するため肝右葉下縁がみえる. 200~300ml腹水では,骨盤内,膀胱の頭側にたまる.そのたまり方が犬の耳のように見える(Dogユs ear sign) .さらに増加すると,骨盤内からあふれ出る ...

関連画像

頭部CT :脳溝が不明瞭で、側 Ascites X Ray


★リンクテーブル★
リンク元腹腔内液体貯留

腹腔内液体貯留」

  [★]

腹水

直接徴候

間接徴候

  • 1. びまん性腹部X線透過性低下
  • 2. 立位骨盤部X線透過性低下
  • 3. 腸係蹄の分離、浮遊像
  • 4. 肝角徴候、脾角徴候





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡