肝腎コントラスト

出典: meddic



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 肝腎コントラスト陽性と血清脂質値との関連の検討
  • 武隈 清,辻 博,家城 恭彦,高桜 英輔
  • 健康医学 : 日本人間ドック学会誌 11(3), 270-272, 1996-10-30
  • NAID 10017220264
  • 超音波画像を用いたファジィ理論による脂肪肝診断支援
  • 藤波 香織,斎藤 恵一,橋本 洋,内山 明彦
  • 電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society 115(12), 1432-1437, 1995-11-20
  • NAID 10001708818

関連リンク

肝腎コントラスト(hepato-renal echo contrast) 右腎臓と肝臓のエコー輝度を比較すると,健常者では腎臓がやや低めか場合により同程度であるが,脂肪肝患者では肝臓の輝度が高くなるため両者の差が著明となったもの.脂肪肝では最も ...
脂肪肝になると肝臓が白く見えるようになり,その分の黒白の差(医学用語では肝腎コントラスト )が明らかとなって脂肪肝と診断できます(図2).皆さんの中にも人間ドックのエコー検査で脂肪肝を指摘された方はいませんか ...
「肝腎コントラスト」タグが付いているQ&Aの一覧ページです。「肝腎コントラスト」に関連する疑問をYahoo!知恵袋で解消しよう! ... 人間ドックの結果についてお尋ねします。 身長160cm、体重51kg。年齢50歳の女... 人間ドックの結果 ...

関連画像

限局 性 病変 肝 嚢 胞 肝 方法 左右 側 腹部 縦 走査 で 腹部 エコー やる なら 脂肪肝での肝腎コントラスト


★リンクテーブル★
国試過去問099C029」「105I046」「102D014
関連記事」「コントラスト」「ラスト

099C029」

  [★]

  • 46歳の男性。自営業。
  • 健康診査で肝障害を指摘され来院した。自覚症状はない。30歳ころからの常習飲酒家で、これまでに酔って妻や子供に暴力を振るったり、飲酒運転で事故を起こしたこともある。最近では、朝から飲酒して仕事をすることが多く、妻が注意すると不機嫌になる。本人は「自分は酒を止めようと思えばすぐに止めることができるので、飲酒についての助言は必要ない」と言う。
  • 現在、日本酒5合/日。身長162cm、体重58kg。血圧148/86mmHg。胸部に異常所見なく、腹部に肝・脾を触知しない。血液所見:赤血球398万、Hb13.1g/dl、Ht40%、白血球6,300、血小板16万。血清生化学所見:総蛋白7.9g/dl、アルブミン3.9g/dl、ビリルビン0.9mg/dl、AST84単位、ALT46単位、γ-GTP188単位(基準8~50)。免疫学所見:HBs抗原(-)、HCV抗体(-)。腹部超音波検査で肝の輝度の増強と肝腎コントラストの増加とを認める。
  • この患者への対応で最も重要なのはどれか。
  • a. 家族への暴力行為を厳重に注意する。
  • b. 外来での定期的な肝機能検査を継続させる。
  • c. 内科病棟に一時的に入院させ飲酒の機会を断つ。
  • d. 飲酒による終末期肝硬変の悲惨さを強調する。
  • e. 禁酒を目標にアルコール依存症であることを理解させる。
[正答]


※国試ナビ4※ 099C028]←[国試_099]→[099C030

105I046」

  [★]

  • 70歳の女性。自宅近くの診療所で初めて受けた血液検査で異常を指摘され来院した。飲酒歴はない。輸血歴はない。常用薬はない。意識は清明。身長158cm、体重74kg.腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。血液所見:赤血球 310万、Hb 10.9g/dl、Ht 31%、白血球 4,200、血小板 9.7万、PT 68%(基準80-120)、血液生化学所見:HbA1c 6.8%(基準4.3-5.8)、アルブミン 3.3g/dl、IgG 2,614mg/dl(基準739-1,649)、IgM 82mg/dl(基準46-260)、総コレステロール 122mg/dl、トリグリセリド 140mg/dl、AST 84IU/l、ALT 98IU/l、γ-GTP 62IU/l(基準8-50)。免疫学所見: HBs抗原HBs抗体陰性、HBc抗体陰性、HCV抗体陰性、抗核抗体陰性、抗ミトコンドリア抗体陰性。腹部超音波検査で肝表面の凹凸不整、肝腎コントラストの明瞭化および軽度の脾腫を認める。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105I045]←[国試_105]→[105I047

102D014」

  [★]

  • a. 血清AST/ALT比<1
  • b. 血清γ-GTP高値
  • c. 肝腎コントラスト増強
  • d. 肝線維化
  • e. 肝組織好中球浸潤
[正答]


※国試ナビ4※ 102D013]←[国試_102]→[102D015

腎」

  [★]

kidneyrenal
腎性腎臓

漢方医学

機能

  • 1. 成長、発達、生殖能を維持する
  • 2. 骨、歯牙の形成と維持に関与
  • 3. 水分代謝を調節する
  • 4. 呼吸脳を維持する
  • 5. 思考力、判断力、集中力を維持する

失調

  • 症状:性欲減退、骨の退行性変化、歯芽の脱落、毛髪の脱落、夜間頻尿、浮腫、口渇、息切れ、精神運動の低下、視力・聴力の低下、不眠、四肢の冷え・ほてり、しびれ、小腹不仁
  • 治療方剤
  地黄 山茱萸 山薬 沢瀉 茯苓 牡丹皮 桂皮 附子 牛膝 車前子 特徴的な効能
八味地黄丸     四肢の冷え
六味丸         四肢のほてり
牛車腎気丸 四肢の冷え、下肢のむくみ

コントラスト」

  [★]

contrast
対照対比対照をなす


ラスト」

  [★]

RAST
放射性アレルゲン吸着試験



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡