肝肉芽腫

出典: meddic

hepatic granuloma


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P-2-600 胃癌に合併し診断に難渋した肝肉芽腫の1例(肝腫瘍3,一般演題(ポスター),第63回日本消化器外科学会総会)
  • 中村 敏夫,西村 公男,齋坂 雄一,古北 由仁,尾崎 和秀,志摩 泰生,濱田 円,福井 康雄,谷木 利勝,堀見 忠司
  • 日本消化器外科学会雑誌 41(7), 1502, 2008-07-01
  • NAID 110006833772
  • 多発肉芽腫性病変,S 状結腸癌を合併したHodgkin Lymphoma の1例
  • 中積 宏之,川本 泰之,江藤 和範,小川 浩司,山本 文泰,畑中 一映,山本 義也,片桐 雅樹,成瀬 宏仁
  • 2007
  • 肝肉芽腫は肝生検施行例の2~15%に認められるといわれている。 … Hodgkin Lymphoma(HL)も肝肉芽腫をきたしうる疾患であるが比較的稀である。 …
  • NAID 120001797368

関連リンク

肝肉芽腫には多数の原因が考えられ,通常,無症候性である。しかしながら,肉芽腫を引き起こす障害は肝外症状および/または肝の炎症,線維化および門脈圧亢進症を引き起こすことがある。肝生検に基づいて診断するが,生検が必要 ...
肝肉芽腫は、特定の疾患が存在するときに形成される小型の異常な細胞塊です。 通常なら肉芽腫自体は問題を起こしませんが、肉芽腫を引き起こした疾患は問題を起こすことがあります。肉芽腫の原因はさまざまです。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
関連記事肉芽腫」「」「肉芽」「芽腫

肉芽腫」

  [★]

granuloma
肉芽腫症

分類

NDE.34

肉芽腫を形成する疾患

  • 感染症
  • 抗酸菌(結核、、らい菌)
  • 真菌(クリプトコッカス、アスペルギルス、ヒストプラズマ、ブラストミセス、コクシジオイデスなど)
  • トレポネーマ(梅毒)
  • その他の菌(ネコひっかき病など)
  • 炎症性疾患(サルコイドーシス、クローン病、血管炎・膠原病、過敏性肺臓炎など)
  • 異物(ベリリウム、バリウム、縫合糸)



腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物


肉芽」

  [★]

bulbilbrood bud
ムカゴ鱗芽


芽腫」

  [★]

blastoma
芽細胞腫




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡