肝放線菌症

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 膵頭十二指腸切除術後に発症した肝放線菌症の1例
  • 村田 年弘,久保田 暢人,上塚 大一,宇田 征史,川真田 修,中井 肇
  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 72(1), 136-141, 2011-01-25
  • NAID 10028120480
  • PIVKA-II高値を示し,悪性腫瘍との鑑別が困難だった原発性肝放線菌症の1例
  • 森田 剛文,坂口 孝宣,柴崎 泰,大石 康介,鈴木 淳司,福本 和彦,稲葉 圭介,馬場 聡,竹原 康雄,鈴木 昌八,岡井 高,今野 弘之
  • 日本消化器病学会雑誌 108(10), 1735-1742, 2011
  • … 少を主訴に来院.高度の炎症反応をともない,腹部CTにて液体成分と充実成分からなる腫瘤を認め,肝膿瘍を疑った.経皮的膿瘍ドレナージにて全身状態は改善したが充実成分は縮小せず,PIVKA-IIも高値であることから肝切除を施行した.病理組織診断にて肝放線菌症と診断した.原発性肝放線菌症は比較的まれな疾患であるが,肝腫瘤性疾患の鑑別診断において考慮すべき疾患の1つと考えられた. …
  • NAID 130001206938

関連リンク

肝放線菌症は稀な疾患であり、悪性腫瘍との鑑別が困難なため手術後に診断される症例が多い。今回、肝生検にて診断された肝放線菌症の一例を提示する。 症例:64歳の男性。1986年に胃癌にて胃全摘術、1990年に慢性膵炎のため ...
71才の女性に生じた, 初発部位としては稀な肝放線菌症の1例を報告する. 診断は総胆管結石症に対する手術時に, 部分切除された肝組織材料より病理組織学的になされた. 術前, 臨床的に感染症兆候は認められなかった. 肝病変は2cm大の結節 ...

関連画像

病歴のある牛


★リンクテーブル★
関連記事放線菌症」「

放線菌症」

  [★]

actinomycosis
アクチノミセス症

概念

  • 慢性化膿性ないし肉芽腫性感染症

病原体

病因

  • アクチノミセス・イスラエリイ(Actinomyces israelii)が軽微な外傷から進入して発症

疫学

病型

  • 頚部・顔面放線菌症
  • 胸部放線菌症
  • 腹部放線菌症
  • 中枢神経系
  • そのた臓器

病変形成&病理

  • 線維化を伴った炎症性肉芽腫組織

症状

診断

検査

治療

  • ペニシリン、セフェム系、テトラサイクリン内服 (NDE.465)

予後

予防

症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡