肝外閉塞性黄疸

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • いわゆる細胆管増生"に関する病理学的研究 細胞形質,細胞動態およびトランスフォーミング増殖因子アルファ発現の解析を中心に"
  • 原田 憲一
  • 金沢大学十全医学会雑誌 105(1), 39-53, 1996-02-01
  • … 1)定型的細胆管は,全ての肝胆道型疾患で種々の程度に増生していた.非定型的細胆管は,PBCやPSC等の原発性胆道系疾患及び肝外閉塞性黄疸,アルコール性肝線維症,亜広汎性肝壊死,肝硬変,慢性活動性肝炎例で種々の程度と頻度でみられた. …
  • NAID 110006827991
  • PTCD内瘻化治療後にガス産生肝膿瘍および急性気腫性胆嚢炎を発症した1剖検例
  • 森岡 健,牧野 博,蒲田 敏文,佐々木 素子,中沼 安二
  • 肝臓 33(1), 66-72, 1992
  • … コントロール不良の糖尿病を合併した術後再発胃癌による肝外閉塞性黄疸に対しPTCD内瘻化治療後にガス産生肝膿瘍および急性気腫性胆嚢炎を発症した1剖検例を報告した.症例は67歳,男性.主訴は黄疸.糖尿病,高血圧,陳旧性脳梗塞,胃癌術後のため外来加療中,膵頭部の腫瘤による閉塞性黄疸および肝転移のため入院となった.PTCDの内瘻化治療後に発熱と肝内(肝転移の部位に一致),胆嚢内,胆嚢壁にガス像が認められた.ガス産 …
  • NAID 130000878026

関連リンク

黄疸は内科的治療が中心となる内科的黄疸と外科的処置が必要な外科的黄疸(閉塞性 黄疸)の2種類に分類することができます。内科的黄疸の原因 ... これらが合流し肝外 胆管と呼ばれる一本の管となり、膵管と合流して十二指腸に開口しています。肝外胆管 の ...
肝外閉塞性黄疸の診断と治療 : とくに高度黄疸時の微細レベル機能からの考察 DIAGNOSIS AND TREATMENT FOR OBSTRUCTIVE JAUNDICE : WITH SPECIAL REFERENCE TO THE SUBCELLULAR LIVER FUNCTION. 菅原 克彦 SUGAHARA K.

関連画像

胆管枝が拡張していれば,閉塞 閉塞 性 黄疸 と は 胆管 内 の 閉塞性黄疸が疑われ、腹部 肝内の胆管は拡張し,左右が肝


★リンクテーブル★
関連記事黄疸」「閉塞性黄疸」「閉塞」「閉塞性」「肝外

黄疸」

  [★]

jaundice (prejndiceと似ている?), choloplania
icterus
ビリルビン新生児黄疸


  • 基準値:総ビリルビン(TB) 0.2-1.2 mg/dl
総ビリルビンが2.0 mg/dl を超えると肉眼的に黄疸が認められる

黄疸の原因 (内科診断学 第2版)

間接ビリルビン優位 産生過剰 網内系赤血球破壊 先天性溶血性貧血
後天性溶血性貧血
血管内溶血 発作性夜間血色素尿症
寒冷凝集素症
血液型不適合溶血
血栓性血小板減少性紫斑病
骨髄内無効造血 シャントビリルビン血症
悪性貧血
肝臓摂取障害 シャント形成 肝硬変
抱合障害 Crigler-Najjar症候群(I,II型)
Gilbert症候群
直接ビリルビン優位 排泄障害 Rotor症候群
Dubin-Johnson症候群
肝細胞障害 急性肝炎
慢性肝炎
肝硬変
胆管障害 肝内胆汁うっ滞 原発性胆汁性肝硬変
原発性硬化性胆管炎
薬物性胆汁うっ滞
閉塞性黄疸


jaundice
付録16


閉塞性黄疸」

  [★]

obstructive jaundice
外科的黄疸 surgical jaundice機械的黄疸 mechanical jaundice肝外胆汁うっ滞症 extrahepatic cholestasis
黄疸高ビリルビン血症


原因

  • 胆石
  • 悪性腫瘍
  • 胆管癌
  • 十二指腸膵頭部癌

病態

  • 直接ビリルビンの胆汁としての排泄が減少 → (1)直接ビリルビンの血管への漏出、尿中へのビリルビンの出現、(2)疎水性ビタミンの吸収低下(ビタミンK欠乏による凝固低下)

検査

  • 手順:スクリーニング検査(尿検査、便検査、血算、血液検査) → 超音波検査

尿検査

超音波検査

  • 胆道の拡張を証明

心電図

  • 閉塞性黄疸では徐脈になるらしい。高ビリルビン血症による心筋伝導系障害のためらしい。


閉塞」

  [★]

occlusion
促通
  • 詰まること、詰まっていること
  • (神経)2種の異なる興奮性のシナプス前性のニューロン群が1つのニューロン群へ収束と発散によりシナプス結合する回路において、2種のシナプス前線維群内の同期して興奮するニューロンの数が多い場合には、興奮するシナプス後ニューロンの数は、個々のシナプス前線維群だけの活動による場合の和よりも少なくなる。



閉塞性」

  [★]

obstructiveocclusiveobliterativeconstrictiveobliteransocclusively
狭窄筋収縮性収縮収縮性


肝外」

  [★]

extrahepatic
肝臓外




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡