聴診法

出典: meddic

auscultation, stethoscopy



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

関連画像

頸部 聴診 法 の 実際 と 病態 聴診法図6-c 非観血式血圧測定の原理 写真2 頸部聴診法)執筆・DVD監修/ 大宿 茂 兵庫 聴診 法 の し くみ


★リンクテーブル★
先読みauscultation
国試過去問108C006
関連記事聴診」「

auscultation」

  [★] 聴診

WordNet   license wordnet

「listening to sounds within the body (usually with a stethoscope)」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「聴診」

108C006」

  [★]

  • 聴診法による血圧測定について正しいのはどれか。
  • a マンシェットの中に聴診器のチェストピース全体を差し込んで測定する。
  • b 上腕動脈の上に聴診器を置き、血管雑音を確認してから加圧を開始する。
  • c 70 mmHgまで速やかに加圧し、その後 10 mmHgずつ加圧しながら測定する。
  • d Korotkoff音の第1点が確認できない時は、一度完全に減圧してから再度測定
  • する。
  • e 減圧を進めて Korotkoff音が消失したら、すぐにバルブを全開にして急速に減
  • 圧する。


[正答]


※国試ナビ4※ 108C005]←[国試_108]→[108C007

聴診」

  [★]

auscultation


  • 頚部:総頚動脈、甲状腺
  • 胸部:肺、心臓
  • 腹部:腸蠕動音、大動脈雑音
  • 下肢:大腿動脈雑音
  • 腹部



法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡