聖隷浜松病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

目次

病院名

  • 聖隷浜松病院

url

理念

  • 私たちは利用してくださる方ひとりひとりのために最善を尽くすことに誇りをもつWe will take pride in delivering optimum services,remembering always that each patient is our ultimate customer.

住所

  • 〒430-8558 浜松市中区住吉 2-12-12

診療の特徴、実績

  • 当院は地域医療支援病院として、各専門科が高度な急性期医療を行っており、国内でも珍しい診療科も備えています。救急症例や手術症例も豊富で、これらを支えているのが救急センター・脳卒中センター・総合周産期母子医療センター・腎センター・臨床遺伝部などの科横断的な診療体制と、NST・クリニカルパス・臨床研究管理センター等組織横断的な活動です。地域がん診療連携拠点病院・臓器移植推進協力病院・治験拠点医療機関の指定を受けており、急性期疾患から慢性疾患、頻度の高い症例からまれな症例まであらゆる症例を研修できます。 

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 693.8人

一日平均外来患者数

  • 1,767.0人

平均在院日数(一般/精神)

  • 12.0日/0.0日

年間分娩件数

  • 1479件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 35件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/9回

当院の救急医療の特徴

  • 救急外来では、救急科を中心に「依頼のある患者は全て受入れる」をモットーに、徒歩で受診される方から救急搬送される重症症例まで広く診療を行っています。救急センターは、1階に救急初療室、診察室、眼科・耳鼻咽喉科・婦人科の各診察室および外来レントゲン室・経過観察室を備え、2階にICU11床、HCU(High care unit)12床をそろえています。症例は感冒などの一次救急から、多発外傷・熱傷・呼吸不全・ショック・中毒・重症感染症など集中治療を要する重症患者まで豊富で、特に6日毎の二次救急当番では多くの救急疾患を研修できます。小児科・産婦人科・循環器科・脳卒中診療科は独自の当直体制をとり、救急患者の受入れは24時間です。また聖隷三方原病院のDr.ヘリコプター事業にも協力し、搭乗・現場出動およびヘリ搬送患者の受入れも行っています。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 全科

一日平均救急外来患者数

  • 58.4人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 14.0人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 127人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 6回

当直手当

  • 有り(1年次10月から実績分を支給)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 7人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 2-4人

勤務体制

  • 副日当直 (ローテーション科により異なる。

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 医師になって最初の2年間は、とても大切です。どこでどのような研修を受けるかによって、将来の進路・医師としての生き方などが、決定されてしまう場合もあります。もし今あなたが、将来の目標が決まっていてそのために2年間何をすればよいのかわかっていたら、聖隷浜松病院の研修があなたの手助けをしてくれるかもしれません。また今迷いの真っ只中にあなたがいるのでしたら、当院の研修で答えが見つかるかもしれません。一生懸命に前進しようと考えている方は、当院の研修を是非自分の五感で確かめに来てください.

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  •  学生時代に見学に来たとき、当院で研修を修了した3年目の医師が主体的に自信を持って診療をしている姿が印象的でした。この時この病院で2年間の研修を修了した医師を力強く大きく感じました。また、外科を見学した時指導医の先生が自身の仕事の厳しさについて、実情を脚色することなく忌憚なく語ってくれました。2回目に見学に来たときは、研修1年目の先生と共に行動しましたが、研修医1人が十分な数の症例を受け持ち、また上級医から言われたことを何となくやるのではなく、suggestをヒントに自ら答えに近づきながら診療しているという姿が心に残りました。そして、その光景が聖隷浜松病院を選んだ決定打となりました。 当院の研修では、外来や病棟業務、当直帯も含めてですが、対症療法で十分なcommon diseaseを診ることもあれば、生命の危機に瀕した重症の症例に遭遇することもあります。研修中、厳しい症例にあたったとき、先輩医師がその患者さんに対してできる限り手を尽くす姿勢に触れることができました。そこから学んだものは、医師として患者さんの病態を考え、問題を解決しようとする真剣な姿でした。そんな緊迫した場面もある一方で、研修医同士や上級医の先生方また看護部をはじめとするコメディカルのスタッフ、時には患者さんも含め、楽しい雰囲気の中で診療することもあり充実した研修をしています。精神的・体力的に厳しい環境の中での毎日ではありますが生きていることを実感し楽しく研修を行うことができています。また、当院では、院内の勉強会も数多く、さらに年に数回海外からDr.を招待しレクチャーを受ける機会もあり大変研修しやすい環境だと感じています。いろいろな研修病院に興味を持っている学生の皆様が当院を見学に来られたとき、きっと私が学生時代に抱いたものと同じ、もしくはかなり似たような感想や印象を抱かれることだと思います。是非、当院に見学に来てそれを実感してください。私たちは学生の皆様をいつでも歓迎いたします。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/09/06 15:21:50」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

関連リンク

聖隷浜松病院は静岡県浜松市の総合病院です。高度医療や地域医療連携に積極的に取り組むことで、地域住民のみなさんに高度で質の高い医療を適切に提供します。
社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院聖隷浜松病院 〒430-8558 静岡県浜松市中区住吉2-12-12 電話.053-474-2222(代表) FAX.053-471-6050

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡