聖隷横浜病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

目次

病院名

  • 聖隷横浜病院

url

理念

  • 私たちは隣人愛の精神のもと、安全で良質な医療を提供し、地域に貢献し続けます。

住所

  • 〒240-8521 横浜市保土ヶ谷区岩井町215

診療の特徴、実績

  • 平成15年3月に旧国立横浜東病院の経営移譲を受けて開設された。横浜市のほぼ中心部に位置し、血液浄化センターの配備や産科医療の充実などに取り組んできた。この数年で内科系・外科系ともに新たな診療科も増え、現在26の診療体制で急性期医療を担っている。そのために必要なハード面の整備のみならず、NSTや緩和ケアなどチーム医療の推進にも力を注ぎ、安全で質の高い医療を効率的に提供するための様々な取り組みを行なっている。

電子カルテ

  • オーダリングのみ

一日平均入院患者数

  • 209.4人

一日平均外来患者数

  • 574.6人

平均在院日数(一般/精神)

  • 12.3日/0.0日

年間分娩件数

  • 731件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 6件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/7回

当院の救急医療の特徴

  • 当院は日本救急医学会認定専門医研修施設となっています。2010年度からは横浜市の救急医療体制の整備に伴い、一般救急拠点病院Bとして24時間365日2次救急症例を主に地域の救急医療を担うべく努力しています。救急医療体制としては内科系医師2名(うち1名は循環器内科)外科系医師1名、産婦人科医師1名で当直を行なっています。研修医は指導医の指導の下で初期治療に当たります。全ての症例を受け入れることは医療の現状から困難ですが、確実な診断を元に適切な治療が迅速に進められるような体制を整えています。また当院には心臓血管外科は未整備ですが、近隣にある横浜市大センター病院、済生会横浜市東部病院、横浜市立市民病院、大和成和病院などと連携をとり緊急時にも適切な対応が出来るように体制を整えています。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 内科(循内/呼内/消内など)、外科(整形/呼外/脳外/泌尿器/耳鼻咽喉科など)

一日平均救急外来患者数

  • 15.7人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 7.4人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 14人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 4回

当直手当

  • 有り(二次救急当番の土曜日に当直した場合は当直手当を支給(H21年度実績)ただし、H22年度から横浜市の救急体制が変更となるため、体制・処遇等について検討中)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 4人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1人

勤務体制

  • 勤務としては翌日午後は免除だが、ローテーション科指導医に確認の事。

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 私どものプログラムでは、選択必修科目のうち麻酔科・外科を選ぶことを前提としております。これは外科志望を対象としているのではなく、内科系を志望される方にも、気管挿管技術や疼痛処置、全身管理などを知っていただくことが初期臨床研修の中で意義のあるものと考えるためです。まず1年目は、内科(3科)を6ヶ月、外科系救急2ヶ月、内科系救急を2ヶ月、選択必修科目のうち麻酔科を2ヶ月まわっていただきます。2年目は必修の地域医療のほか、選択必修科目のうち外科を2ヶ月まわり、残りの期間は聖隷横浜病院のほか、聖隷浜松病院・聖隷三方原病院、聖マリアンナ医大病院など豊富な症例数を有する施設から、個々の将来のビジョンに合わせた研修を選択することが可能です。また、当院は横浜市一般2次救急拠点病院(B)として、横浜市保土ヶ谷区・西区・南区をはじめ横浜市内から多くの救急車を受け入れており、研修医は各科研修以外に通年ほぼ週一回、指導医につきながら救急当直を行い、夜間救急診療を経験します。こうした経験からプライマリー・ケアの現場で求められる即時判断の能力を養っていただきます。さらにその経験が、エビデンスに基づいた知識と技能になるように2週に1回症例の振り返り検討を行います。この症例カンファで経験症例のプレゼンテーションと討論の力をトレーニングします。この研修制度が始まり、フレッシュな人材を迎えて診療現場は大いに活性化しています。各科指導医とも新しい研修医諸君の当プログラムへの参加を楽しみにしています。(なお、横浜市の救急体制変更はH22年度から実施の予定です)

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 聖隷横浜病院の特色をご紹介します。300床という中規模の病院だからこそ、色々な科があるのにコンサルトし易い環境が整っていて、しかも(優しく)熱心に教育してくださる先生の多いこと多いこと。看護師さんなどのコメディカルさんも優しいのも特徴の1つです。また大都会横浜まで1駅で立地条件も最高!。研修が終わった後は何だって出来ます。そんなこんなで大事な最初の1年を過した後は、2年目としてあの有名な聖隷浜松をはじめとする大病院での研修もできます!実力がつくのに楽しい。こんな最高の病院はありません。是非一度見学に来てくださいねー!


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 急性期から治癒期までを内視鏡的に観察し得た一過性型虚血性小腸炎の1例
  • 吹田 洋將,石橋 啓如,安田 伊久磨,豊水 道史,足立 清太郎,浅木 努史,片倉 芳樹
  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 56(10), 3631-3638, 2014
  • 症例は91歳,女性.主訴は血便,下腹部痛.初診時の大腸内視鏡検査にてBauhin弁より10cm口側の回腸に,全周性・連続性の粘膜の浮腫,白色から淡黄色の滲出物に覆われた粘膜下血腫様隆起の散在を認め,小腸造影では20cmの長さに渡りthumbprinting様の所見が確認された.第8病日の大腸内視鏡検査では同部位に厚い白苔を伴う全周性潰瘍と狭窄を認めたが,保存的加療にて症状は改善した.8カ月後の大腸 …
  • NAID 130004707301
  • 耳小骨奇形44耳の検討
  • 大田 隆之,松井 和夫,呉 晃一,久保田 亘,江洲 欣彦,木下 佳奈,林 泰広
  • Nippon Jibiinkoka Gakkai Kaiho 117(3), 175-183, 2014
  • … 今回, 2004年3月から2011年4月までの7年2カ月間に手術を行った耳小骨奇形の症例で, 聖隷横浜病院26例26耳, 聖隷浜松病院14例18耳の計40例44耳について検討した. …
  • NAID 130003395299
  • 聖隷横浜病院における耳鳴外来の検討
  • 呉 晃一,大田 隆之,松井 和夫
  • Audiology Japan 56(5), 685-686, 2013-09-30
  • NAID 10031202578

関連リンク

聖隷横浜病院は横浜市保土ヶ谷にあります。急性期医療を中心に、利用者の早期回復をめざす地域密着型の中核病院です。安全で質の高い医療を提供し、NST・緩和ケアなどにも取り組んでいます。
聖隷横浜病院は横浜市保土ヶ谷にあります。急性期医療を中心に、利用者の早期回復をめざす地域密着型の中核病院です。安全で質の高い医療を提供し、NST・緩和ケアなどにも取り組んでいます。
聖隷横浜病院看護師募集WEBサイト 聖隷横浜病院は横浜市保土ヶ谷にあります。急性期医療を中心に、利用者の早期回復をめざす地域密着型の中核病院です。安全で質の高い医療を提供し、NST・緩和ケアなどにも取り組んでいます。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡