耳鼻科医

出典: meddic

otolaryngologist

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 若手耳鼻科医師へのアブミ骨手術教育に必要なトレーニング
  • 枝松 秀雄,安田 真美子,佐々木 優子,末次 敏成,井田 裕太郎,松浦 賢太郎,福生 瑛,野池 美佳,細野 祥子,鹿島 由貴,井上 彰子
  • 耳鼻咽喉科臨床 補冊 143(0), 8-13, 2015
  • In ear surgery, chronic otitis media or choleateatoma are very important training operations for ear nose and throat (ENT) residents. They are common ear disease and so young doctors can get a standar …
  • NAID 130005084986
  • 伝音性難聴が残存したランゲルハンス細胞組織球症の 1 例
  • 江原 幸茂,鈴木 雅明,中村 こずえ,笹島 ゆう子,村松 さやか,武茂 高至,安井 拓也,伊藤 健
  • 小児耳鼻咽喉科 36(1), 45-51, 2015
  • … 小児においては耳漏・外耳道肉芽腫様病変は比較的早期に出現することが多いため,耳鼻科医が全身性小児疾患の中で早期診断・治療に寄与できる疾患の一つと言える。 …
  • NAID 130005078714
  • 仮想固視が温度眼振に及ぼす影響
  • 正木 義男
  • Equilibrium Research 74(2), 82-88, 2015
  •   [Introduction] The presence of neuron projection of the peripheral vestibula and the cerebrum was demonstrated by neuroanatomical studies and imaging findings of brain function. I conducted this exp …
  • NAID 130005073087

関連リンク

理事長挨拶 update 役員紹介 update 2014月年1月7日(pdf) new 2013月年12月6日(pdf) 2013月年11月5日(pdf) 2013月年10月4日(pdf) 2013月年9月2日(pdf) 2013月年8月5日(pdf) 2013月年7月8日(pdf) 2013月年6月7日(pdf) 2013 ...
あさひ町榊原耳鼻咽喉科 院長のブログ ... 【重要!】 いわゆる医療相談につきましては、誤解を招く恐れ、また実際の治療の妨げになる懸念があるため、お受けしておりません。


★リンクテーブル★
国試過去問107B052
関連記事耳鼻科

107B052」

  [★]

  • 次の文を読み、52~54の問いに答えよ。
  • 88歳の女性。食事をとらないことを心配した家族から訪問診療の際に相談を受けた。
  • 現病歴:5年前にAlzheimer型認知症と診断された。数年前から下肢筋力が低下していた。数か月前からは長男の妻の介助だけでは車椅子乗車も不可能となり、ほとんど臥床している状態となった。通院が困難なため訪問看護と訪問診療が開始となった。長男の妻によれば「最近、食事をとらないことが多く、義歯をはめると嫌がり、むせることも多い」という。
  • 既往歴:高血圧症のため内服加療中。
  • 生活歴:夫は5年前に死亡。長男夫婦と同居。主な介護者は長男の妻である。要介護4。1日1回の訪問介護と、週に3回のデイサービスを利用している。排泄にはオムツを使用している。食事は家族の介助で摂取している。入浴はデイサービスを利用している。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現症:身長145cm、体重30kg(1か月前の体重は32kgであった)。体温35.8℃。脈拍56/分、整。血圧92/70mmHg。呼吸数12/分。SpO2 97%(room air)。皮膚はやや乾燥している。眼瞼結膜に異常を認めない。眼球結膜に黄染を認めない。口腔粘膜に異常を認めない。甲状腺腫と頸部リンパ節とを触知しない。心尖部にII/VI度の汎収縮期雑音を聴取する。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。四肢に軽度の浮腫を認める。
  • 検査所見:血液所見:赤血球368万、Hb 11.9g/dl、Ht 38%、白血球5,300、血小板12万。血液生化学所見:血糖90mg/dl、総蛋白5.9g/dl、アルブミン2.9g/dl、尿素窒素25mg/dl、クレアチニン0.9mg/dl、総コレステロール186mg/dl、トリグリセリド70mg/dl、総ビリルビン0.7mg/dl、AST 20IU/l、ALT12IU/l、ALP 273IU/l(基準115~359)、γ-GTP 25IU/l(基準8~50)、CK 28IU/l(基準30~140)、Na 131mEq/l、K 3.2mEq/l、Cl 97mEq/l。
  • 最初に行うべきなのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 107B051]←[国試_107]→[107B053

耳鼻科」

  [★]

otolaryngologyotolaryngologic
耳鼻科学耳鼻咽喉科学耳鼻咽喉科




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール
  • is ga ar it id cy uk et nl el hr sv es sk sl sw sr th cs da de tr no hu fi fr bg vi iw be fa pl pt mk lv lt ro ru en ko cn ja


  meddic.jp

リンク
連絡