耳鳴

出典: meddic

じめい
tinnitus, buzzing, ringing in the ear
耳鳴り
自覚的耳鳴耳鳴症他覚的耳鳴拍動性耳鳴ear noises


分類

  • 非振動性耳鳴:聴覚伝導路を含む聴器に生じた機械的、化学的刺激による。
  • 振動性耳鳴:機械的な成因(筋肉性(耳小骨筋、口蓋帆筋)、血管性(コマ音(重症貧血など)、聴器近傍の脳動脈瘤、脳動静脈奇形による拍動性耳鳴)


IMD.277
  • 聴力低下に随伴
  • 血管雑音:頚部動脈狭窄、硬膜動静脈瘤、動静脈奇形
  • その他
  • てんかん、高血圧、不眠、うつ状態、頭部外傷後遺症


UCSF
  • 老人性難聴:高音性、静かな環境で増悪、聴力低下:補聴器
  • 耳管閉塞:呼吸時同調するごうごうという音、仰向けで改善、自分の声が角に強く聞こえる:鼻腔内ステロイド噴霧
  • 薬剤性:NSAIDs,抗菌薬,ループ利尿薬:薬剤中止
  • 迷路炎:急性発症、最近の頭部外傷/ウイルス感染、めまい
  • メニエール病:低音性、変動する聴力低下:美辞かコンサルト
  • 中耳炎:耳痛、耳閉感、最近の上気道感染:抗菌薬
  • ストレス:問診、ストレス排除、抗うつ薬


問診のポイント

  • 連続性 / 拍動性
  • 高音性 / 低音性



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/20 18:24:11」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 治るか治らないかという議論はしない耳鳴り治療(押さえておきたい!心身医学の臨床の知30)
  • 耳鳴治療TRTにおいてノイズに代用できる自然環境音の検討
  • 柘植 勇人,富田 真紀子,加藤 由記,稲垣 憲彦,岩田 知之,山脇 彩,宮田 晶子,松田 真弓,中原 裕子,中島 務
  • Audiology Japan 54(3), 239-248, 2011-06-30
  • NAID 10029002020

関連リンク

まず、原因がはっきりしている場合は、原因を取り除くことが原則です。聴神経腫瘍、中耳炎などによる耳鳴に対しては、手術が必要です。しかし、原因が不明な耳鳴に対しては決定的な治療法や特効薬がないため、「治す」よりも ...
【耳鳴りとは】 耳鳴りとは、外で音がしていないのに音が聞こえる状態ですが、現実には音がない自覚的耳鳴(じかくてきじめい)と、患者さんの体の耳付近や耳管などで実際に何らかの音がしていて、それが聴こえている他覚的耳鳴(た ...
耳鳴りの診断と治療 ... 耳鳴りは、たいへん多くの人が悩んでおられ、耳鼻科を受診されますが、耳鼻咽喉科の病気、症状のなかでも診断・治療が最も難しいものの一つです。

関連画像

耳鳴嗡嗡響!頸足2穴位來緩解Follow 耳鳴耳鳴一、客觀的耳鳴:較少見 耳鳴 中醫推拿舒緩耳鳴耳聾耳鳴 概述 耳鳴 耳鳴 是 聽覺 耳鳴 mimimei147 ニコ で 歌って


★リンクテーブル★
国試過去問105G066」「105A057」「099A011」「106I072」「106I012」「083B032
リンク元眩暈」「ループ利尿薬」「パクリタキセル」「突発性難聴」「コーガン症候群
拡張検索標準耳鳴検査法」「非振動性耳鳴」「振動性耳鳴

105G066」

  [★]

  • 次の文を読み、65-67の問いに答えよ。
  • 45歳の男性。めまい嘔気および嘔吐を主訴に来院した。
  • 現病歴   24歳から毎年健康診断を受けていたが、異常を指摘されたことはなかった。直近では6月14日に健康診断を受け、空腹時血糖98mg/dl、HbA1c5.1%であった。7月25日ころから軽い咳が出現し、7月30日に突然、口渇、多飲および多尿が出現した。8月1日にめまいが出現し、熱中症ではないかと自己判断して、スポーツ飲料を4リットル飲んだ。その夜から嘔気と嘔吐とが出現し、8月2日に受診した。
  • 既往歴   5年前に痔瘻の手術。
  • 生活歴   喫煙は20歳から15本/日を17年間。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴   父が高血圧症高尿酸血症および糖尿病で治療中である。母は胆嚢摘出術を受けている。
  • 現症  意識は清明。身長171cm、体重58kg。体温36.8℃。呼吸数22/分。脈拍64/分、整。血圧102/68mmHg。甲状腺の腰大を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。
  • 検査所見   尿所見:蛋白(-)、糖3+、ケトン体2+。血液所見:赤血球 468万、Hb 13.9g/dl、Ht 42%、白血球 12,300(好中球75%、好酸球1%、好塩基球1%、単球6%、リンパ球17%)、血小板27万。血液生化学所見:血糖 610mg/dl、HbA1c 5.8%(基準4.3-5.8)、総蛋白 7.5g/dl、アルブミン 3.9g/dl、尿素窒素 12mg/dl、クレアチニン 0.6mg/dl、尿酸 6.9mg/dL、総コレステロール 246mg/dl、トリグリセリド 190mg/dl、総ビリルビン 0.9mg/dl、AST 10IU/l ALT 16IU/l、LD 177IU/l(基準176-353)、ALP 174IU/l(基準115-359)、アミラーゼ 950IU/l(基準37-160)、Na 131mEq/l、K 4.4mEq/l、Cl 97mEq/l。CRP 1.0mg/dl。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH 7.25、PaCO2 28Torr、PaO2 102Torr、HCO3- 12mEq/l。
  • この病態で特徴的な症候はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105G065]←[国試_105]→[105G067

105A057」

  [★]

  • 60歳の女性。右耳の耳鳴難聴とを主訴に来院した。最近、電話の受話器を左手に持ち左耳で聞くことが多くなった。頭部MRI(別冊No.21)を別に示す。
  • この患者にみられるのはどれか。 3つ選べ。


  • a 歩行時によろめく。
  • b 右側の同名半盲を訴える。
  • c 右側の嗅覚が低下している。
  • d 右側の顔面神経麻痺がみられる。
  • e 右側を注視すると大きな振幅の眼振がみられる。


[正答]


※国試ナビ4※ 105A056]←[国試_105]→[105A058

099A011」

  [★]


[正答]
※国試ナビ4※ 099A010]←[国試_099]→[099A012

106I072」

  [★]

  • 78歳の女性。左耳の痛みと左顔面の動かしにくさとを主訴に来院した。今朝から左難聴耳鳴および回転性めまいを自覚している。顔面の写真(別冊No. 19A)と口腔内の写真(別冊No. 19B)とを別に示す。
  • 副腎皮質ステロイドと併用する治療薬として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106I071]←[国試_106]→[106I073

106I012」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106I011]←[国試_106]→[106I013

083B032」

  [★]

  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

眩暈」

  [★]

げんうん、めまい
vertigo, dizziness
vertigo
めまい発作 dizzy spell
めまい、耳鳴り

めまいの分類

IMD. 276

SOD.134

原因部位による分類

めまいをきたしうる疾患

IMD.277

原因部位と眼振

原因部位の鑑別

研修医当直御法度 症例帳 p.22
  末梢性めまい 中枢性めまい
眼振 水平性 水平性
回転性 回転性
  垂直性
耳鳴、難聴
頭位 増強 軽度変化
カロリックテスト 陰性/低下 正常
意識消失 なし あり
神経症状 あり
IMD.279
  末梢前庭性めまい 中枢性めまい
性状 回転性が多い 回転性は少ない
強さ 強い 軽度
持続時間 数日まで 数日以上
眼振の方向 一方向性 注視方向性
自発眼振の性状 水平回旋性が多 純回旋性、垂直性
固視の影響 抑制される 抑制されない
注視眼振の増強する方向 健側 患側
蝸牛症状 多い
中枢神経症候 なし あり
悪心・嘔吐 軽度~重度 ない or 軽度

疫学

IMD.277
  • 1. 末梢前庭性眩暈:4-5割 → 良性発作性頭位眩暈が多い。
  • 2. 中枢性眩暈  :3割

眩暈、難聴をきたす疾患

    前庭症状 蝸牛症状 特徴
眩暈 難聴 耳鳴
薬剤性 ループ利尿薬 投与歴
アミノグリコシド系抗菌薬 投与歴
感染症 内耳炎  
新生物 小脳橋角部腫瘍 CT, MRI異常
特発性 突発性難聴 単発
特発性 メニエール病 発作性、反復性
特発性 良性発作性頭位眩暈症 ×   特定の頭位で発生。眩暈頭位の反復で減衰
炎症 前庭神経炎 × × 単発

検査

  • 中枢性めまいを疑う → 頭部単純CT
  • 末梢性めまいを疑う → Dix-Hallpike test

参考

  • 1. [charged] Benign paroxysmal positional vertigo - uptodate [1]



ループ利尿薬」

  [★]

loop diuretic, loop diuretics
利尿薬
sodium-potassium-chloride symporter inhibitor

概念

  • Henleループに作用する強力な利尿薬の一群

種類 (SP.790)

作用機序

  • 太いヘンレの上行脚において、Na+-K+-2Cl-共輸送体を抑制→ 同部位におけるNaCl再吸収の抑制

血清電解質の変化

  Na K Cl H Ca Mg
血清  

副作用

GOO.752
  • Na喪失 → K+,H+喪失:
  • 過剰の投与によりナトリウムを喪失 → 低ナトリウム血症、細胞外液量減少 → 低血圧、GFR低下、循環虚脱、血栓塞栓の発生、(肝臓疾患が存在する場合)肝性脳症
  • 過剰のナトリウムが遠位尿細管に到達する結果、(特にRAA系が体液喪失のために亢進していると)カリウムと水素イオンの排泄が亢進し、低Cl性アルカローシス(代謝性アシドーシス)を生じる。
  • もともと体内にKが欠乏していれば、不整脈が誘発される。特に強心配糖体を摂取していれば顕著となる(ジギタリス中毒)。
  • Mg,Ca喪失
  • 骨粗鬆症を呈する閉経女性への投与は、骨代謝を悪化させうる。
  • その他:耳毒性(難聴眩暈耳鳴)、高尿酸血症、高血糖、LDL上昇、TG上昇、HDL低下、皮疹、光過敏性、錯感覚、骨髄抑制、胃腸症状

禁忌

臨床関連



パクリタキセル」

  [★]

paclitaxel
タキソール taxol TXL、(アルブミン添加)アブラキサン
抗悪性腫瘍薬

分類

  • 抗悪性腫瘍薬
  • タキサン系

適応

パクリタキセル注
  • 卵巣癌、非小細胞肺癌、乳癌、胃癌、子宮体癌、再発又は遠隔転移を有する頭頸部癌、再発又は遠隔転移を有する食道癌、血管肉腫、進行又は再発の子宮頸癌

作用機序

  • チューブリンの脱重合を抑制して、中間径フィラメントを安定化させることで有糸分裂期(M期)を停止させ、これにより細胞分裂を阻害 (⇔ ビンクリスチン)

重要な基本的注意

  • 骨髄抑制。過敏反応。低血圧、高血圧、徐脈。関節痛(高頻度)、筋肉痛(高頻度)。発熱(高頻度)。末梢神経障害(高頻度)。感染症、出血傾向。

重大な副作用





突発性難聴」

  [★]

sudden deafness
難聴めまい突発難聴 ← これは疾患の総称

概念

疫学

  • 50歳前半が多い。
  • 通常一側性。両側性は7%。

症状

治療

方針:早期の治療を。早期の治療により聴力予後が良好となる。1ヶ月以内に回復しない例や眩暈を伴う例では知力予後不良
  • 安静、副腎皮質ステロイド、循環改善薬、プロスタグランジン投与、高気圧酸素療法

有名人


コーガン症候群」

  [★]

Cogan's syndrome, Cogan syndrome, Cogan-Reese syndrome
Cogan症候群
  • 非梅毒性角膜実質炎 + 耳鳴 + 感音難聴 + めまい (SOTO.192)
  • HIM.2130 6行しか書いてない。
  • 治療:ステロイド
  • 難聴が出現した後できるだけ早く治療を始めることが予後を決定する
  • 再発性多発性軟骨炎の鑑別疾患になっている(HIM.2135)

参考

  • 1. [charged] コーガン症候群 - uptodate [2]

標準耳鳴検査法」

  [★]

standardized tinnitus test


非振動性耳鳴」

  [★]

non-vibratory tinnitus


振動性耳鳴」

  [★]

vibratory tinnitus




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡