耐性乳酸菌製剤

出典: meddic

antibiotic-resistant lactic acid bacteria
アンチビオフィルスエンテロノンRエントモールレベニンビオフェルミンR


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 01P1-108 当院における耐性乳酸菌製剤の使用状況に関する検討(医薬品適正使用,医療薬学の扉は開かれた)
  • 耐性乳酸菌製剤の抗菌感受性と小児における臨床効果の検討
  • Helicobacter pylori 除菌療法における多剤耐性乳酸菌製剤併用の有用性についての検討

関連リンク

耐性乳酸菌製剤で始まる薬の検索結果。エントモール,コレポリR,ビオフェルミンR,ラクスパン,ラックビーR,レベニン - goo薬検索では、約7000の薬剤の成分や効能(効果)、正しい服用法・使用法、副作用などが調べられます。
耐性乳酸菌製剤とは 耐性乳酸菌製剤という名前を見ただけで何か手強そうなイメージがありますが、何の耐性か知れば驚くに値しません。この乳酸菌は、一般の乳酸菌にくらべて抗生物質に強いという特徴があります。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 整腸剤

販売名

  • ラックビーR散

組成

  • 1g中 耐性乳酸菌(Bifidobacteriumの生菌)10mg

添加物

  • トウモロコシデンプン、乳糖、メタケイ酸アルミン酸Mg

禁忌

  • 本剤に過敏症の既往歴のある患者
  • 牛乳に対してアレルギーのある患者〔アナフィラキシー様症状を起こすことがある。〕

効能または効果

  • 下記抗生物質、化学療法剤投与時の腸内菌叢の異常による諸症状の改善
  • ペニシリン系、セファロスポリン系、アミノグリコシド系、マクロライド系、ナリジクス酸
  • 通常成人1日3gを3回に分割経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

重大な副作用

  • アナフィラキシー様症状(頻度不明)を起こすことがあるので、観察を十分に行い、症状があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

耐性及び整腸作用

  • 本剤は腸内に抗生物質が存在しても生育し、腸内有用菌としての作用を発揮して整腸作用を示す(in vitro)。2)

耐性の機序及び非伝達性

  • 本剤の抗生物質耐性機序に抗生物質不活性化酵素、Rプラスミドは関与せず、その耐性は伝達しない(in vitro、マウス)。3)

生物学的同等性試験

各種抗生物質、化学療法剤に対する耐性度

  • 本剤と標準製剤の各種抗生物質、化学療法剤に対する耐性度(最小発育阻止濃度:MIC)は、ほぼ同等である(in vitro)。4)

ノトバイオートマウスを用いた比較試験

  • 本剤と標準製剤を、それぞれ抗生物質とともにヒト糞便由来の菌株からなる腸内菌叢を持つノトバイオートマウスに7日間連続経口投与した結果、糞便中においてほぼ同じ回収菌数を示す。5)


有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • 耐性乳酸菌(Antibiotics-Resistant Lactic Acid Bacteriae)

菌種

  • Bifidobacterium longum

性状

  • 白色〜わずかに黄褐色の粉末で、においはないか、又はわずかに特異なにおいがある。


★リンクテーブル★
先読みエントモール」「ビオフェルミンR」「レベニン
リンク元エンテロノンR
関連記事耐性乳酸菌」「耐性」「乳酸」「製剤」「

エントモール」

  [★] 耐性乳酸菌(Streptococcus faecalis BIO-4R)

止しゃ剤,整腸剤


ビオフェルミンR」

  [★] 耐性乳酸菌

止しゃ剤,整腸剤


レベニン」

  [★] 耐性乳酸菌

止しゃ剤,整腸剤

エンテロノンR」

  [★] 耐性乳酸菌(S. faecalis BIO-4R)

耐性乳酸菌製剤


耐性乳酸菌」

  [★]

エンテロノン-RエントモールコレポリーRビオフェルミンRラクスパンラックビーRレベニン
止しゃ剤,整腸剤乳酸菌

参考

  • ラックビー微粒N
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2316014B1030_2_02/2316014B1030_2_02?view=body


耐性」

  [★]

tolerance
薬物耐性逆耐性依存


  • 精神作用物質の効果が長期の摂取のために減弱し、初期の効果を得るためにより大量の摂取が必要となった状態(PSY.395)

乳酸」

  [★]

lactate, lactate acid (K), lactic acid
acidum lacticum
2-ヒドロキシプロピオン酸 2-hydroxypropionicacid、α-オキシプロピオン酸 α-oxypropionic acid
乳酸デヒドロゲナーゼ


CH3-CH(OH)-COOH

基準値

  • 1–2 mmol/L, 10–20 mg/dL (HIM.Appendix)



製剤」

  [★]

(調剤)formulationpreparationdosage、(工業)drug product
製剤形態剤形処方準備調製投薬量投与量標品標本服用量プレッププレパラート薬用量用意用量製法

剤」

  [★]

drugagent
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡