老人医療費助成制度

出典: meddic

老人医療費

関連リンク

老人医療費助成制度ってなに?大阪府内にお住まいの65歳以上の方で、身体障がい者及び知的障がい者・ひとり親家庭医療費助成の対象の方、 難病を有する方等に対して、必要とする医療が容易に受けられるよう医療費の自己負担額の ...
高齢者の健康に寄与し、高齢者福祉の向上を図るため、高齢者の方が医療を受けた場合の自己負担を軽減する老人医療費助成制度を実施しています。

関連画像

医療費助成システム 助成 | 投稿者 : 仲谷クリニック68、69歳の老人医療費助成制度 福祉医療費助成制度、災害や  医療費の助成対象が拡医療証


★リンクテーブル★
関連記事医療費」「老人」「医療」「助成」「

医療費」

  [★]

health care cost
国民医療費


外科系学会社会保険委員会連合ホームページ - 日本の医療費について2006年9月現在 31兆円

[display]http://www.gaihoren.jp/gaihoren/public/medicalcost/html/index.html

医療費増加の要因

[1]
  • 医療費増加というとき医療費総額を指すのかと個々の疾病で必要となる医療費を指すのか分けて考える必要がある。医療費増加の要因として人口の高齢化や医療技術の進歩・普及などの議論が多いが、医療需要の誘発喚起、投資回収、医療費抑制対策など医療サービス提供側の要因も無視できない。

医療費増加に対する考察

  • 限られた財源のなかで、医療費をいかに確保すべきかは今後しばらくは重要な政策課題であろう。
  • 増加し続ける医療費に対する処方箋としてこれまで、医療費の削減が推し進められてきた。
  • 逆に、医療費に充填できる財源を増やすことに眼を向けても良いのではないだろうか。
  • 最近、医療ツーリズムが脚光を浴びている。
  • 新しい産業の一つとして推進すべきだと考えられる。
  • 一方で、日医があげている問題点として、医療の平等が崩れる、混合診療の全面解禁を後押しするなどがある。
  • これらの問題点の検討については、追って検討することとするが、もはや医療ツーリズムは押しとどめることのできない段階にさしかかっていると考えられる。
2010/07/03 01:20(sak)

医療ツーリズム関連の記事

  • 経産省、医療ツーリズム事業化へ検討着手
  • 経済産業省は診療目的で来日する外国人を視野に入れた、医療ツーリズムの事業化に向け検討を開始する。日本の医療は費用対効果が大きく、技術水準も高い。また、食生活などに対する国際的な関心も強まっていることから、観光や伝統文化などと連動させれば、モノづくり以外の分野での国際貢献と国内におけるサービス関連産業の活性化につながると判断した。同省は実証調査も予定しており、事業化に伴う問題点や課題などを把握する考えだ。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0821&f=business_0821_123.shtml
  • 企業関与の医療ツーリズムに反対-日医
  • 日本医師会は2010年6月9日、公的な医療保険の給付範囲を縮小させる恐れがあるとして、営利企業が関与する組織的な医療ツーリズムや混合診療の全面解禁に反対する声明を出した。
https://www.cabrain.net/news
  • 「訪日医療ツーリズム推進チーム」新設―日本旅行
  • 旅行会社大手の日本旅行(東京都港区)は2010年7月1日、国内外での医療ツーリズムへのニーズの高まりを受けて、日本を訪れる外国人の医療検診旅行を専門的に取り扱う「訪日医療ツーリズム推進チーム」を新設
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/28375.html

参考

  • 1. ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医療保険 > 医療保険データベース > 医療費の動向  厚労省
[display]http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/database/zenpan/iryou_doukou.html


老人」

  [★]

the aged
初老老齢高齢者年輩高齢老齢者老年者高年齢


医療」

  [★]

health caremedical care
健康管理診療保健医療ヘルスケア


助成」

  [★]

aid
援助助け助ける


度」

  [★]

degree
温度




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡