翼状突起

出典: meddic

pterygoid process (N)
processus pterygoideus





  • 図:N.12
  • 蝶形骨の部位名
  • 翼状突起にはさらに以下の部位を持つ
    • 外側板
    • 内側板
      • 翼突鈎


和文文献

  • Le Fort I 型骨切り術単独で上顎を後上方に移動した3例
  • 泉 喜和子,下田 恒久,下田 哲也,香川 豊宏,池邉 哲郎,大関 悟
  • 日本口腔外科学会雑誌 56(4), 261-265, 2010-04-20
  • NAID 10027842801
  • エンマダニ属の一新種
  • 藤川 徳子
  • Edaphologia (85), 1-6, 2009-08-31
  • … クマエンマダニ(新称)Eupelops kumaensis sp.n.を熊本県あさぎり町から採集し記載した.翼状突起をつなぐ後体部前縁の突出部が三つ山型であること,肛側毛が2対のみであること,鋏角に2本の長いTragardh's organsをもつこと,そして第IV脚の脛節には感覚毛が存在しないことにより,他の同属種と区別できる. …
  • NAID 110007358559

関連リンク

... 楔状骨と呼ばれていたが、足根にも楔状骨が存在するため、蝶が羽を広げているよう な形に見えることからこの名がついた。楔状骨の名は現在では足根骨にのみ用いられ ている。 ヒトの成人の蝶形骨は1つの体と3対の突起(大翼、小翼、翼状突起)よりなる。
外耳孔. 3. 鼻腔底(硬口蓋). 8. 眼窩下管. 13. 下顎頭. 18. 茎状突起. 4. 軟口蓋. 9. 鼻涙 管. 14. 筋突起. 19. 下顎管. 5. 上顎洞. 10. 頬骨. 15. 翼口蓋窩. 20. オトガイ孔. a.前壁. 21. 舌骨 ... 蝶形骨の翼状突起. 26. 舌, a.口腔気道. 30. 下顎角. 外側板. b.鼻腔気道 ...

関連画像

イラストイメージメンカラスガイimage-4-7翼状突起、外側板


★リンクテーブル★
リンク元外側翼突筋」「口蓋帆張筋
関連記事突起」「翼状

外側翼突筋」

  [★]

lateral pterygoid (M,K), lateral pterygoid muscle
musculus pterygoideus lateralis
咀嚼筋

起始

停止

神経

機能

  • 下顎を前に突き出し、顎をあける。片側→あごを左右に(すりつぶし運動)

カテゴリ

咀嚼筋>:咀嚼筋



口蓋帆張筋」

  [★]

veli = velum,(pl.)vela 帆、軟口蓋
tensor veli palatini (KL,M), tensor veli palatini muscle (N), tensor veli palati (K) ←ミスプリぽ
  • 図:N.51,61,64
KL.592

起始

停止

神経

機能

カテゴリ

口蓋の筋>:口蓋の筋


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


突起」

  [★]

processprotrusion
加工過程突出プロセシングプロセスプロセッシング方法膨隆隆起工程突出症


翼状」

  [★]

wingedpterygoid




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡