美馬順三

出典: meddic

和文文献

  • シーボルトの弟子美馬順三が訪ねた熊本県菊池渓谷

関連リンク

朝日日本歴史人物事典 美馬順三の用語解説 - 江戸後期の蘭方医。美馬茂則の次男。 阿波国羽浦(徳島県羽ノ浦町)生まれ。名は茂親,号は如柳。文政6(1823)年来日直後の 蘭館医シーボルトに入門,鳴滝塾の塾頭となる。賀川玄悦著『産論』,石坂宗哲著『鍼灸 ...
そういうことで、大音寺の中山家の墓地にございます美馬順三先生の墓碑の側に埋め たのでございますが、その後皓台寺の楠本家の墓所に移したのでございます。 美馬さま は阿波の那賀郡のお方でシーボルトが長崎に着きました時に最初に入門した門人の ...

関連画像

宗家 一箭順三高田又兵衛・宮本武蔵 21世紀の シーボルトと長州人 前編 鳴滝 鎌槍 免許 駒喜多学 ・ 素槍



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡