羊膜索症候群

出典: meddic

amniotic band syndrome
羊膜索 amniotic bandシモナルト帯
  • 羊膜破裂を原因とする胎児奇形


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 口唇口蓋裂を合併した羊膜破裂シークエンスの2例
  • 氷見 和巳,瀬崎 晃一郎,山崎 安晴 他
  • 北里医学 41(2), 123-125, 2011-12-00
  • NAID 40019192595
  • 羊膜索症候群による両側 Tessier No. 3 顔面裂の治療経験
  • 南村 愛,櫻井 淳,黒澤 紀子,長谷川 宏美
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会誌 = Journal of the Japan Society of Cranio-Maxillo-Facial Surgery 26(4), 350-356, 2010-12-25
  • NAID 10027725220

関連リンク

胎児を包んでいる膜(羊膜)の異常についての説明です。胎児に影響が出ることもあります。 ... point: 索状になった羊膜(羊膜索)が胎児にからみつき、奇形を生じるものです。
妊娠・出産・育児中の女性と赤ちゃんの快適な生活をサポートするピジョンのクチコミ情報サイト ... 赤ちゃん誕生記念育樹キャンペーン お子様の誕生を記念して、ピジョンと一緒に次世代の子供たちに残していく自然豊かな森を育てませんか。
羊膜索症候群(amniotic band syndrome) ・羊膜の破綻による羊膜索(amniotic band)の形成と、一時的な羊水過少が胎児異常(四肢の切断、リンパ浮腫、腹壁の欠損、非対称な脱脳、胎児と絨毛膜の接着)を引き起こす。 ・四肢の異常 ...

関連画像

羊膜索症候群トップ へ 羊膜 シート 羊膜 羊膜 索 症候群 左腕 欠損 の


★リンクテーブル★
先読みamniotic band
リンク元羊水過少症」「羊水穿刺
関連記事症候群」「」「羊膜索」「症候

amniotic band」

  [★]

羊膜索

amniotic band syndrome


羊水過少症」

  [★]

oligoamnios, oligohydramnios
羊水過少(臨床所見を認めないもの。臨床所見を認めるものが羊水過少症)
羊水

概念

疾患 最大羊水深度 羊水インデックス
MVP AFI
羊水過多症 ≧8cm ≧24cm
羊水過少症 ≦2m ≦5cm

原因

  • 1.羊水の流出
  • 2.胎児尿産生減少

胎児合併症

母体合併症

治療

  • 特にない
  • 分娩時に臍帯圧迫などによる変動一過性徐脈が認められたら人口羊水の注入をすることがある。

参考

  • 1. 〔よりよい妊娠管理を目指して(その1)〕羊水過多(症),羊水過少(症)の管理 - 日産婦誌51巻1号
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/51/5101-009.pdf
  • 2.
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/54/5403-039.pdf

国試



羊水穿刺」

  [★]

amniocentesis
羊水検査、羊水

概念

  • 検査(羊水検査)あるいは治療目的に施行される手技。

手順

NGY.116
  • 1. 仰臥位とし、腹壁を消毒
  • 2. 腹壁超音波にて胎児、胎盤位置を確認
  • 3. 穿刺部位に局所麻酔を行う
  • 4. 超音波ガイド下に穿刺
  • 5. 数ml吸引して廃棄し、約20mlの羊水を吸引する
  • 6. 針を抜去後、圧迫し、2時間ベット上安静とする

合併症

  • 破水、層流算、子宮内感染、胎児損傷、胎盤・臍帯損傷、胎盤早期剥離、母児間輸血 (NGY.116)
  • 羊水漏出(1%)、流早産(0.3%)、子宮内感染(0.1%) (NGY.116) 流産率は0.1%で自然流産と同程度(QB.P-215)

適応

  • 通常、妊娠15週以降に行う。
  • 早期に羊膜を穿刺すると羊膜腔の緊満性が失われて羊膜が胎児に付着し羊膜索症候群を引きおこしうる。



症候群」

  [★]

syndrome, symptom-complex
症状群
[[]]
  • 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患


内分泌

先天的代謝異常

高プロラクチン血症

分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。
分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。

性腺機能低下

嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長

性早熟

思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着
女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。

脳神経外科・神経内科

  • Wallenberg症候群 ワレンベルグ症候群:椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。



群」

  [★]

group
グループ集団分類群れグループ化


羊膜索」

  [★]

amniotic band
シモナール糸 Simonart thread
シモナルト帯



症候」

  [★]

symptom and sign
症状, 徴候 兆候




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡