羊水中クレアチニン

出典: meddic

和文文献

関連リンク

羊水中クレアチニン, 尿酸, 電解質, 及び浸透圧の測定とその臨床的意義 Determinations of Amniotic Fluid Creatinine, Uric Acid ... 近時, 羊水成分の分析による胎児状態の追求が多方面にわたつて行なわれるようになつた. 著者は, 羊水中の ...
学会誌へ戻る 前のページへ戻る 第44回学術集会(昭和47年5月21日) 【一般演題】 胎児発育と羊水中クレアチニン値 花岡 知々夫, 中村 良之助, 朝井 忠昭, 馬島 俊泰 東京医科大学霞ヶ浦病院

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
関連記事羊水」「クレアチニン

羊水」

  [★]

amniotic fluid (Z)
liquor amnii
胎水
[[]]

性状

  • pH 8-9
  • 比重:1.006-1.012

成分

  • 種々の成長因子、電解質、低濃度の蛋白質、アミノ酸、糖質、α-フェトプロテイン、リン脂質、酵素、プロラクチン、性ステロイドホルモン

産生

  • 妊娠初期:羊膜
  • 妊娠中期:胎児腎臓(胎児尿)、胎児肺(肺胞液)

腎による羊水の産生

  • 尿細管は妊娠7週で形成され、妊娠10週には腎は尿を排泄するようになる。妊娠5ヶ月頃から腎盂、膀胱に尿が貯留し、随意的排尿が見られるようになる。(NGY.283)

羊水量

  • 胎盤完成期から急増して、妊娠7-8ヶ月でピーク(700ml)となり、妊娠末期に減少して50-500mlとなる。

吸収

  • 妊娠初期:羊膜
  • 妊娠中期:嚥下→腸管から吸収→胎盤→母胎

機能

MGY.292 G10M34
  • 胎児の保護(物理的衝撃、体温保持)
  • 運動空間の確保
  • 胚の成熟

臨床関連

量的な異常

疾患 最大羊水深度 羊水インデックス
MVP AFI
羊水過多症 ≧8cm ≧24cm
羊水過少症 ≦2m ≦5cm


クレアチニン」

  [★]

creatinine, Cr, Cre, CRE
メチルグリコシアミジン methylglycocyamidine
クレアチン


物性

  • 分子量:113.12 g/mol (wikipedia en)

臨床検査





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡