縦隔鏡検査

出典: meddic

mediastinoscopy
縦隔鏡



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • O13-3 EBUS-TBNA導入が縦隔鏡検査件数に与えた影響(縦隔鏡・ビデオ/EBUS-TBNA,一般口演13,第34回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
  • 勝田 倫子,水守 康之,望月 吉郎,中原 保治,河村 哲治,佐々木 信,守本 明枝,塚本 宏壮,真弓 哲一郎,宮川 倫子,田畑 寿子,横山 俊秀,渡部 悦子,鏡 亮吾,大西 康貴
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 33(増刊), S193, 2011-05-20
  • NAID 110008681448
  • O13-2 Chamberlain前胸部縦隔鏡検査の有用性(縦隔鏡・ビデオ/EBUS-TBNA,一般口演13,第34回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
  • 板野 秀樹,白石 伊都子
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 33(増刊), S193, 2011-05-20
  • NAID 110008681447

関連リンク

縦隔鏡検査は縦隔に内視鏡を挿入して行う。縦隔切開は縦隔の外科的切開である。 この2つは互いに補完する手技である;縦隔切開により,縦隔鏡検査では届かない 大動脈肺動脈窓リンパ節へ直接接近できる。両手技は縦隔のリンパ節腫脹または腫瘤 の評価 ...
縦隔鏡検査では、リンパ節腫大の原因を診断するか、胸部手術(開胸術)の前に肺癌が どの程度広がっているかを診断します。 縦隔鏡 ... 開胸術は、胸腔穿刺術や気管支鏡 検査、縦隔鏡検査などでは十分な情報が得られなかった場合に行われます。サンプル を ...

関連画像

縦隔鏡の傷,挿入方向これは縦隔気腫、皮下気腫の 縦隔腫瘍に行うための検査が縦隔鏡検査 縦隔鏡検査は肺癌手術適応決定


★リンクテーブル★
国試過去問105C030」「102E055」「102A057
関連記事縦隔」「検査」「鏡検

105C030」

  [★]

  • 次の文を読み、30、31の問いに答えよ。
  • 95歳の男性。呼吸困難のため搬入された。
  • 現病歴   咳嗽が続くため2か月前に自宅近くの診療所を受診した。胸部エックス線写真にて肺野に異常陰影を認めたため、近くの病院を紹介され、精査の結果、肺腺癌、肺内転移、骨転移および心膜転移と診療された。患者本人や家族と相談の結果、積極的治療は行わない方針となり、診療所の医師が主治医となって自宅で療養していた。昨日から呼吸困難が出現し、今朝になって増強したため、主治医に相談した上で、救急車を要請した。
  • 既往歴   7年前に心筋梗塞
  • 生活歴   息子夫婦、孫2人との5人暮らし。喫煙は20本/日を20歳から50年間継続した後、禁煙している。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴   特記すべきことはない。
  • 現症    意識は清明。身長160cm、体重52kg。体温37.5℃。呼吸数32/分、努力様。脈拍120/分、整。血圧72/40mmHg。経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)88%。頚静脈の怒張を認める。心音に異常を認めない。両側肺底部にcoarse cracklesを聴取する。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。両側下腿に浮腫を認める。
  • 検査所見  血液所見:赤血球 385万、Hb 11.0g/dl、Ht 36%、白血球 9,500、血小板 22万。血液生化学所見:血糖 86mg/dl、総蛋白 5.4g/dl、アルブミン 2.6g/dl、尿素窒素 24mg/dl、クレアチニン 1.1mg/dl、AST 24IU/l、ALT 40IU/l、LD 322IU/l(基準176-353)、ALP 158IU/l(基準115-359)、Na 142mEq/l、K 4.2mEq/l、Cl 101mEq/l。CRP 1.2mg/dl。胸部エックス線写真では原発巣の増大、心陰影の拡大および胸水の貯留を認める。心電図では洞性頻脈低電位とを認める。
  • 次に行う検査として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105C029]←[国試_105]→[105C031

102E055」

  [★]

  • 22歳の男性。交通事故のため搬入された。呼吸数16/分。脈拍92/分、整。血圧120/72mmHg。胸部エックス線写真で縦隔の拡大がみられる。静脈路を確保した。次に行う対応として適切なのはどれか。
  • a. 縦隔鏡検査
  • b. 胸部造影CT
  • c. 胸部単純MRI
  • d. 昇圧薬投与
  • e. 緊急開胸術
[正答]


※国試ナビ4※ 102E054]←[国試_102]→[102E056

102A057」

  [★]

  • 65歳の男性。咳漱を主訴に来院した。体温36.6℃、呼吸数16/分。脈拍64/分、整。血圧126/74mmHgを以下に示す。
  • 対応として適切なのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 102A056]←[国試_102]→[102A058

縦隔」

  [★]

mediastinum (Z)
縦隔腫瘍胸郭


  • 胸郭の左右にあり、左右の肺胸膜に挟まれた領域



レントゲン

  • 縦隔拡大、縦隔気腫をチェックする。


検査」

  [★]

検定試験視察視診調べる調査テスト点検検討監査診察


鏡検」

  [★]

microscopic examinationmicroscopymicroscopic test
検鏡顕微鏡顕微鏡観察光学顕微鏡法顕微鏡法顕微法顕微鏡検査




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡