縦隔巨大リンパ節過形成

出典: meddic

mediastinal giant lymph node hyperplasia
キャッスルマン病 Castleman disease
血管免疫芽球性リンパ節症


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

先読み, 「IgG4関連疾患」「mediastinal giant lymph node hyperplasia」. リンク元, 「 ヘルペスウイルス科」「腫瘍随伴性天疱瘡」「ヒトヘルペスウイルス」「縦隔巨大リンパ節 過形成」「巨大リンパ節過形成」. 関連記事, 「病」 ...
胸部CTで,右肺の巨大腫瘤陰影,多発結節影および縦隔肺門リンパ節腫脹,脾腫を 認めた. ... 胸腔鏡下肺生検による病理所見では,胚中心を伴うリンパ濾胞の過形成, 抗κ鎖とλ鎖抗体の両方に染色される形質細胞浸潤および肺胞隔壁の線維化を認めた.


★リンクテーブル★
先読み血管免疫芽球性リンパ節症」「Castleman disease
リンク元キャッスルマン病」「mediastinal giant lymph node hyperplasia
関連記事リン」「縦隔」「形成」「過形成」「巨大

血管免疫芽球性リンパ節症」

  [★] 免疫芽球性リンパ節症


Castleman disease」

  [★] キャッスルマン病


キャッスルマン病」

  [★]

Castleman's disease, Castleman disease
Castleman病、隔巨大リンパ節過形成, mediastinal giant lymph node hyperplasia
縦隔巨大リンパ節過形成IgG4関連疾患


mediastinal giant lymph node hyperplasia」

  [★] 縦隔巨大リンパ節過形成


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





縦隔」

  [★]

mediastinum (Z)
縦隔腫瘍胸郭


  • 胸郭の左右にあり、左右の肺胸膜に挟まれた領域



レントゲン

  • 縦隔拡大、縦隔気腫をチェックする。


形成」

  [★]

形式形態構造組成品種編成フォーム成立形づくる


過形成」

  [★]

hyperplasia
増殖 production
肥大増殖症増生ハイパーモルフ hypermorph



巨大」

  [★]

giantvasthugeprodigioushugelycolossalmega
莫大メガ



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡