緩衝作用

出典: meddic

bufferingbuffering action
緩衝緩衝化、(圧力)pressure-buffering capacity



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/08/18 02:59:08」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 上高地に生息するニホンザルの積雪期における泊り場の環境選択
  • 泉山 茂之
  • 信州大学農学部AFC報告 10, 75-84, 2012-03-28
  • … 常緑針葉樹林は日温度ロ゚差が少なくすぐれた緩衝作用を持つことに加え,強風について著しい防風効果を持っていた。 …
  • NAID 120003988793
  • 理科における学びの愉しさ
  • 大方 祐輔,有田 正志,中田 晋介,磯﨑 哲夫,古賀 信吉,竹下 俊治,蔦岡 孝則,鳥越 兼治,前原 俊信,山崎 博史,湯澤 正通,井上 純一,内海 良一,梶山 耕成,佐々木 康子,志田 正訓,白神 聖也,平松 敦史,オオガタ ユスケ,アリタ マサシ,ナカタ シンスケ,イソザキ テツオ,コガ ノブヨシ,タケシタ シュンジ,ツタオカ タカノリ,トリゴエ ケンジ,マエハラ トシノブ,ヤマサキ ヒロフミ,ユザワ マサミチ,イノウエ ジュンイチ,ウツミ リョウイチ,カジヤマ コウセイ,ササキ ヤスコ,シダ マサノリ,シラガ マサヤ,ヒラマツ アツシ,Ohgata Yusuke,Arita Masashi,Nakata Shinsuke,Isozaki Tetsuo,Koga Nobuyoshi,Takeshita Shunji,Tsutaoka Takanori,Torigoe Kenji,Maehara Toshinobu,Yamasaki Hirofumi,Yuzawa Masamichi,Inoue Junichi,Utsumi Ryouichi,Kajiyama Kousei,Sasaki Yasuko,Shida Masanori,Shiraga Masaya,Hiramatsu Atsushi
  • 学部・附属学校共同研究紀要 (40), 301-306, 2012-03-26
  • … 高等学校の実践では,多酸塩基の緩衝作用の原理について考えさせた。 … 中和滴定の進行に伴って緩衝作用がみられる部分について,その原理を粒子モデルや反応式を使って説明する探究活動を行った。 …
  • NAID 120004007697

関連リンク

緩衝液(かんしょうえき、buffer solution)は、緩衝作用のある溶液のことを言う。通常、 単に緩衝液とだけいう場合は、水素イオン濃度に対する緩衝作用のある溶液を指し、本 項目でも特別な注意書きがない場合にはこの意味の緩衝液について記述する。緩衝液 ...
緩衝とは一般的には”対立する物の間にあって、それらの衝突をやわらげること”のように 定義されていますが、化学的には 「酸や塩基を加えても水素イオン濃度をほぼ一定に 保つこと」 となります。つまり、pHをほぼ一定に保つ作用が緩衝作用ということになり ...

関連画像

アルカリ緩衝作用緩衝作用に関する実験結果緩衝作用1緩衝作用.jpg水素イオン濃度(pH)の迅速 浄化作用、緩衝作用、抗菌作用


★リンクテーブル★
リンク元buffering」「緩衝化」「buffering action
関連記事緩衝」「作用

buffering」

  [★]

bufferbuffering action

緩衝化」

  [★]

buffering
緩衝緩衝作用

buffering action」

  [★]

  • 緩衝作用
buffering

緩衝」

  [★]

bufferingbufferbuffer
緩衝液緩衝化緩衝作用緩衝剤バッファバッファーリリーフ


作用」

  [★]

actioneffectact
影響行為、効果、行動効力作動措置働く効能条例




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡