線量率効果

出典: meddic

和文文献

  • 低線量域における線量率効果 : 二動原体染色体発生頻度に着目して (特集 低線量率・低線量放射線影響(後編))
  • 小嶋 光明,甲斐 倫明
  • 放射線生物研究 47(4), 347-360, 2012-12
  • NAID 40019554657
  • 放射線の細胞・組織に与える影響 (放射性物質と食品・健康リスク : 消費者心理にどう答えるか) -- (放射性物質のヒトの健康への影響はどのように現れるか)

関連リンク

<大項目> 放射線影響と放射線防護 <中項目> 放射線による生物影響 <小項目> 生物効果の基礎原理 <タイトル> ... <概要> 放射線の生物学的効果は、同一の吸収線量であっても放射線の種類や線量率によって異なる。高線量率 ...
放射線の線量率と染色体異常(4) 線量・線量率効果係数を求める 線量率効果とは、同じ線量でも線量率(放射線の強さ)が違うと放射線の生物影響が違うことを言います。また線量・線量率効果係数とは、同じ線量で高線量率放射線で ...

関連画像

線量・線量率効果係数を求める線量率と生物学的効果 (09-02-02 被ばく線量と生物学的効果 (09 この 線量率効果 は、 低LET


★リンクテーブル★
関連記事線量」「線量率

線量」

  [★]

dose
投与量服用量用量薬物用量


線量率」

  [★]

dose rate
線強度 radiation intensity
線量




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡