線維自発電位

出典: meddic

fibrillation potential
brillation potential

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 構音障害をともなった封入体筋炎の1例
  • 多発性筋炎と膵外分泌不全が併発したダックスフントの1例
  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 61(3), 227-230, 2008-03-20
  • NAID 10025573854
  • 多発性筋炎と膵外分泌不全が併発したダックスフントの1例

関連リンク

1) 陽性鋭波(positive sharp wave) 鋭くて深い陽性から始まる鋸歯状で二相性の脱神経電位です。 振幅のレンジは200μV/div 2) 線維自発電位(fibrillation potential) 陽性から始まる二、三相性の棘波様の脱神経電位です。
リハビリテーション現場における専門用語「線維自発電位(せんいじはつでんい)」について ... 神経内科および脳神経外科... 進行すると四肢とも弛緩性 となる. 深部反射は,はじめは進行するが,進行すると弱くなる.

関連画像

2007神経生理検査研究会講演会  線維 自発 電位 fibrillationALSを見逃さないために 第2回 ALS  potential(線維束自発電位振幅のレンジは200μV/div振幅のレンジは1mV/div


★リンクテーブル★
関連記事電位

電位」

  [★]

voltagepotentialelectrical potentialelectric potential
可能可能性潜在的ボルテージポテンシャル有望電圧




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡