線維素溶解性紫斑病

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 下肢静脈瘤手術後に発現した線維素溶解性紫斑病の1例
  • ε-アミノカプロン酸の奏効した線維素溶解性紫斑病の1例
  • ε-アミノカプロン酸の奏功した線維素溶解性紫斑病の1例

関連リンク

ICD10コード:D65 播種性血管内凝固症候群[脱線維素症候群] 検索数: 7件 病名 ICD10コード 病名交換用コード 1 劇症紫斑病 D65 JLUV 2 後天性無フィブリノゲン血症 D65 LR2H 3 消費性凝固障害
D65 播種性血管内凝固症候群[脱線維素症候群] 分類ID 分類表記 ICD10-1 ICD10-2 交換コード 区分 コメント 1 20059790 劇症紫斑病 D65 JLUV 1 2 20060780 後天性無フィブリノゲン血症 D65 LR2H 1 3 20064699 消費性凝固障害 D65 HK90

関連画像

 線維素溶解療法の医療従事者の為の最新医療 APTEMは、EXTEMに線維素溶解阻害 APTEMは、EXTEMに線維素溶解阻害  線維素溶解療法の炎症性腸疾患の新たな病態機序


★リンクテーブル★
関連記事線維素溶解」「紫斑」「溶解性」「溶解」「

線維素溶解」

  [★]

英:fibrinolysis
線溶/線溶現象フィブリン溶解/フィブリン溶解現象線維素溶解現象
PT.264
  • プラスミンによるフィブリンの溶解
  • 組織の血餅を数日かけて除く
  • フィブリンはプラスミンによりX,Y,D,Eの4破片に分解される。


紫斑」

  [★]

purpura
紫斑病

紫斑



溶解性」

  [★]

solubilitysolublelytic
可溶可溶性溶解度溶解薬溶菌性

溶解」

  [★]

(細胞)lysis、(物質)dissolutionlysedissolve
溶ける溶かす解消


病」

  [★]

diseasesickness
疾病不調病害病気疾患




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡