線維素溶解

出典: meddic

英:fibrinolysis
線溶/線溶現象フィブリン溶解/フィブリン溶解現象線維素溶解現象
PT.264
  • プラスミンによるフィブリンの溶解
  • 組織の血餅を数日かけて除く
  • フィブリンはプラスミンによりX,Y,D,Eの4破片に分解される。



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 線維素溶解系による造血幹細胞ニッチの制御機構
  • 服部 浩一,西田 知恵美
  • 日本血栓止血学会誌 = The Journal of Japanese Society on Thrombosis and Hemostasis 21(1), 27-31, 2010-02-01
  • … ってきている.近年,こうした造血系細胞動態におけるマトリックスメタロプロテイナーゼ(MMP)の重要性が示唆されているが,筆者らは,造血幹細胞ニッチの構成因子が,生体内のMMP活性を介した血液線維素溶解系(線溶系)因子プラスミンの生成を起点として制御されていることを明らかにした.本稿では,筆者らの研究成果を中心に,最近明らかとなった線溶系,MMP等のプロテアーゼ活性の生体内造血における …
  • NAID 10026118530
  • テンペが持つ新規生理活性物質「線維素溶解,ビタミンK2,チロシナーゼ阻害,ポリアミン,血小板凝集阻害など」の応用開発
  • 須見 洋行,今井 雅敏,丸山 眞杉
  • ニューフードインダストリー 52(1), 9-16, 2010-01
  • NAID 40016944946

関連リンク

世界大百科事典 第2版 - 繊維素溶解(線維素溶解)の用語解説 - 生体には,生体内で血液凝固の結果析出した繊(線)維素(フィブリン)を処理する能力がある。一つは,食細胞や顆粒球による処理であり,他は血漿中のプラスミノーゲンの ...
フィブリンは線溶系のプラスミンにより溶解され、フィブリン分解産物(fibrin degradation products, FDP)となる。 破たんした血管壁も、多くの場合、再生します。すると、血栓は不要になります。 線維素溶解(線溶)系は、その名の通り ...

関連画像

線維素溶解経路。在院日数については差は 線維素溶解(線溶)系-1線維素溶解(線溶)機構(山口 次止血のまとめ加齢とともに血栓溶解が弱まり


★リンクテーブル★
先読みfibrinolysis」「線溶現象
リンク元線維素溶解現象」「線溶
拡張検索線維素溶解薬」「線維素溶解性」「抗線維素溶解性
関連記事溶解」「線維

fibrinolysis」

  [★]


WordNet   license wordnet

「a normal ongoing process that dissolves fibrin and results in the removal of small blood clots; "drugs causing fibrinolysis have been utilized therapeutically"」


線溶現象」

  [★]

fibrinogenolysis
-ユーグロブリン溶解時間
-線維素溶解
線溶


-血餅溶解試験


線維素溶解現象」

  [★]

fibrinolysis
線維素溶解線溶現象フィブリン平板法


線溶」

  [★]

fibrinolysisfibrinolytic
線維素溶解線維素溶解性


線維素溶解薬」

  [★]

fibrinolytic agentfibrinolytic drug
血小板溶解薬血栓溶解薬抗血栓薬線溶剤


線維素溶解性」

  [★]

fibrinolytic
線維素溶解線溶


抗線維素溶解性」

  [★]

antifibrinolytic
抗線溶薬


溶解」

  [★]

(細胞)lysis、(物質)dissolutionlysedissolve
溶ける溶かす解消


線維」

  [★]

fiber, fibre





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡