線維束性萎縮

出典: meddic

fascicular atrophy

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

関連リンク

筋萎縮 とともに線維束性れん縮 (筋肉がピクピクと自然にれん縮 する現象)が出現する ようになります。数週あるいは数カ月後に反対側の上肢(手)にも同様の症状が現れます 。その後、筋力低下や筋萎縮 は下肢(足)にも広がります。脳神経領域も障害され、 ...
線維束性収縮といって筋肉にいっている運動神経や脊髄にある大型の運動神経細胞( 全角細胞)に障害(変性・炎症等)が起きた時(脱神経)に生じます。 筋萎縮性側索硬化 症(ALS)と言う難病(脊髄や脳の運動神経細胞が変性し全身の筋肉が痩せていく病気 ) ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事萎縮」「線維束」「線維

萎縮」

  [★]

atrophy
atrophia
退縮肥大過形成

概念

  • 正常の大きさに発育・分化した臓器・組織・細胞が二次的に縮小し、体積を減ずること。 ⇔aplasia hypoplasia


線維束」

  [★]

bundle
束ねる


線維」

  [★]

fiber, fibre





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡