線維性電位

出典: meddic

fibrillation potential
筋電図
  • 異常筋電図
  • 安静時異常


  • 神経支配を断たれた筋繊維において2-3週間後に見られる。
  • 20-200uV 1-5msec 2-3相波
  • 運動ニューロン疾患(筋萎縮性側索硬化症など)、末梢神経障害
  • 進行性筋ジストロフィー、多発筋炎でも見られる。

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

1) 陽性鋭波(positive sharp wave) 鋭くて深い陽性から始まる鋸歯状で二相性の脱神経電位です。 振幅のレンジは200μV/div 2) 線維自発電位(fibrillation potential) 陽性から始まる二、三相性の棘波様の脱神経電位です。
随意弱収縮時の運動単位電位(MUP)の異常 † 運動神経が障害されたときに起こる変化(神経原性変化) MUPは高振幅で持続時間が長くなり(高振幅長持続電位)、多相性になることがある(多相性電位)。 筋肉自体が障害されたときに起こる変化 ...

関連画像

 電位依存性Ca 2+ チャネルと前医療関係者向け FOR MEDICAL STAFFその名前の通り、「 電位依存 シナプス後電位の時間的


★リンクテーブル★
先読み筋電図
リンク元針筋電図
関連記事電位」「線維性

筋電図」

  [★]

electromyography, electromyogram, EMG
誘発筋電図筋電図検査
  • 弛緩時でも基底活動が見られる。これは麻痺、麻酔、睡眠時にのみ消失する (M.23)

種類



針筋電図」

  [★]

needle EMG, needle electromyogram
筋電図

適応疾患

LAB.1680

疾患と針筋電図所見

筋電図   振幅 持続時間 波形  
安静時異常 線維性電位 20-200uV 1-5msec 2-3相波 筋萎縮性側索硬化症
線維束電位 2-4mV 5-20msec 2-3相波 筋萎縮性側索硬化症脊髄根障害
陽性鋭波 100uV-1mV 10-100msec    
随意収縮時 神経原性 1mV以下 2-3msec以下   筋萎縮性側索硬化症球脊髄性筋萎縮症末梢神経炎、Charcot-marie-Tooth病
筋原性 3mV以上 10msec以上   進行性筋ジストロフィー筋緊張性ジストロフィー多発性筋炎

安静時自発放電

参考2
  • 正常では刺入時電位以外の電位は出現しない。
  • 異常な電位として、線維性電位線維束電位陽性鋭波、ミオキニアが見られる。
  • 線維性電位 fibrillation potential:脱神経電位。脱神経後1-2週間で出現する。
  • 線維束電位 fasciculation potential:
  • 陽性鋭波 positive sharp wave:脱神経電位。鋭く不快陽性から始まる鋸歯状で2相性の脱神経電位
  • 群化放電 grouped discharge:不随意運動、例えばパーキンソン病

随意収縮時の電位

LAB.1683 参考2 HBN.487
  • 正常では運動単位活動電位(MUP)が出現する。
  • 高振幅MUP:振幅4mV以下のもの。振幅の正常範囲については体部位によって異なる。
  • 高振幅(giant spike)・高持続時間電位:振幅の幅が3mV以上、持続時間が10ms以上。多相性(polyphasic)。脊髄前角細胞の変性の過程で見られる。(筋萎縮性側索硬化症球脊髄性筋萎縮症)
  • 低振幅・短持続時間電位:振幅の幅が1mV以下、持続時間が2-3ms以下。筋線維の一次性病変に起因する疾患で見られる。(進行性筋ジストロフィー多発筋炎)

参考

  • 1. wiki ja
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AD%8B%E9%9B%BB%E5%9B%B3
  • 2. EMG
http://shimoi.iuhw.ac.jp/electdx5_H21.pdf
  • 3. 針筋電図 (needle EMG)
http://www2b.biglobe.ne.jp/~kondo/seiri/emg.htm


電位」

  [★]

voltagepotentialelectrical potentialelectric potential
可能可能性潜在的ボルテージポテンシャル有望電圧


線維性」

  [★]

fibrousfibrotic
線維状




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡