線溶

出典: meddic

fibrinolysisfibrinolytic
線維素溶解線維素溶解性

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/08/09 12:02:40」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 播種性血管内凝固症候群の治療
  • 凝固線溶制御機構と血栓症との関係 (特集 抗血栓療法と薬の使い方)
  • 和田 英夫,下仮屋 雄二
  • 月刊薬事 54(7), 1083-1087, 2012-07
  • NAID 40019371397

関連リンク

... されたSERPINF1とSERPINF2遺伝子によりコードされる分子量59000の糖タンパク で、肝で合成され血流に放出される。血漿電気泳動ではα2グロブリンに属し、線溶阻止 に果たす役割は上記のα1アンチトリプシンよりも大きい。

関連画像

 血液凝固線溶関連の検査図. 凝固系と線溶系における 肝細胞研究会:肝再生と線溶系藤元メディカルシステム - 先端 3)主な線溶系の因子 藤元メディカルシステム - 先端


★リンクテーブル★
先読みfibrinolysis」「fibrinolytic
リンク元線維素溶解」「線維素溶解性
拡張検索凝固線溶系」「線溶現象」「線溶系」「二次線溶」「線溶系薬剤

fibrinolysis」

  [★]


WordNet   license wordnet

「a normal ongoing process that dissolves fibrin and results in the removal of small blood clots; "drugs causing fibrinolysis have been utilized therapeutically"」

fibrinolytic」

  [★]

  • adj.
  • 線維素溶解性の、線維素溶解の、線溶の
fibrinolysis

線維素溶解」

  [★]

英:fibrinolysis
線溶/線溶現象フィブリン溶解/フィブリン溶解現象線維素溶解現象
PT.264
  • プラスミンによるフィブリンの溶解
  • 組織の血餅を数日かけて除く
  • フィブリンはプラスミンによりX,Y,D,Eの4破片に分解される。



線維素溶解性」

  [★]

fibrinolytic
線維素溶解線溶


凝固線溶系」

  [★]

coagulation and fibrinolytic system
血液凝固線溶 blood coagulation and fibrinolysis
凝固系線溶系
-線溶系
SPC. 291 ← この解説がわかりやすかった。



線溶現象」

  [★]

fibrinogenolysis
-ユーグロブリン溶解時間
-線維素溶解
線溶


-血餅溶解試験


線溶系」

  [★]

fibrinolysis system, fibrinolytic system
線維素溶解系
凝固線溶系



二次線溶」

  [★]

secondary fibrinolysis
二次線維素溶解
一次線溶



線溶系薬剤」

  [★]

fibrinolytics
線溶系




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡