線エネルギー付与

出典: meddic

linear energy transferLET
生物学的効果比



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 重イオンビームによる品種改良法の開発から遺伝子機能解明へ(交流)
  • 阿部 知子,平野 智也,風間 裕介
  • 日本物理學會誌 67(10), 680-684, 2012-10-05
  • 加速器で作る重イオンビームを植物や微生物に直接照射して, DNA変異を誘発し,これを品種改良法に役立てる研究は,日本独自の技術として発展してきた.花卉植物を中心に理研ブランドとして21の新品種を市販している.私たちは植物の致死効果や変異効果に対する重イオンビームの影響を精査し,それぞれについて最適な線エネルギー付与(LET: Linear Energy Transfer)があることを発見した.ここ …
  • NAID 110009518078
  • ネコTリンパ球の荷電粒子線に対する感受性(臨床病理学)
  • 柿崎 竹彦,浜田 信行,坂下 哲哉 [他],和田 成一,原 孝光,舟山 知夫,宝達 勉,夏堀 雅宏,佐野 忠士,小林 泰彦,伊藤 伸彦
  • The journal of veterinary medical science 69(6), 605-609, 2007-06-25
  • 放射線治療の効果推定や予後の判定は,末梢血リンパ球の放射線損傷を評価することで行われている.したがって,高い線エネルギー付与(LET)をもつ荷電粒子線を獣医療に適用し,その治療効果あるいは被曝の影響をリンパ球で推定するためには,リンパ球の粒子線に対する感受性を把握しておくことが重要である.しかしながら,これまで愛玩動物のリンパ球に対する粒子線の感受性について,ごく限られた知見しか得られでいない.本 …
  • NAID 110006318096
  • ネコTリンパ球のガンマ線と荷電炭素線照射による細胞死(臨床病理学)
  • 柿崎 竹彦,浜田 信行,舟山 知夫 [他],坂下 哲哉,和田 成一,宝達 勉,夏堀 雅宏,佐野 忠士,小林 泰彦,伊藤 伸彦
  • The journal of veterinary medical science 68(12), 1269-1273, 2006-12-25
  • 線エネルギー付与(LET)の高い重粒子線は,生物学的効果比(RBE)が大きく,さらに線量分布に優れていることから,ヒトの放射線治療に臨床応用がなされている.しかしネコに対しては臨床応用されておらず,放射線生物学的な基礎データも報告されていない.本研究ではネコ由来Tリンパ球(FeT-J)における低LETのγ線(0.2keV/μm)と高LETの炭素線(114keV/μm)を照射したときの生物効果を比較 …
  • NAID 110005716367

関連リンク

<大項目> 放射線影響と放射線防護 <中項目> 放射線による生物影響 <小項目> 生物効果の基礎原理 <タイトル> 線エネルギー付与(LET)・生物学的効果比(RBE)・ 放射線荷重係数(WR) (09-02-02-11) ...
放射線が単位長さあたりに平均して失うエネルギーのことを線エネルギー付与という。 放射線が局所に与えるエネルギー量の違いを表し、線質の違いを知る指標とされる。X 線・γ線・β線は低LET線、α線・中性子線・陽子線・重粒子線は高LET線である。LETが 高く ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み生物学的効果比
リンク元LET」「linear energy transfer
関連記事エネルギー」「

生物学的効果比」

  [★]

relative biological effectiveness, RBE
相対的生物学的効果相対的生物学的効果比


LET」

  [★] 線エネルギー付与 linear energy transfer

linear energy transfer」

  [★]

線エネルギー付与

LET


エネルギー」

  [★]

energy
エネルギー代謝


  • 食事のカロリー熱量の意味で使われることがある。ちなみに肝硬変の代償期の食事は30-35cal/kgが推奨される。



線」

  [★]

linestring
裏打ち系統ライン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡