続発性結石

出典: meddic

secondary calculus
尿路感染症


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 膀胱結石の用語解説 - 膀胱内にある尿路結石をいう。膀胱内で発生する場合 (原発性) もまれにあるが,腎臓結石が膀胱に落ちた場合 (続発性) とか,腎臓結石が膀胱内で成長した場合のほうが ...
例のみであり,ほかは続発性結石で,前 立腺部尿道で 成長するに従い,前 立腺実質を圧排し,実質は被膜状 に薯しくi萎縮したいわゆるcalculousreplacement oftheprostateが 多いと考えられる.従 って手術 術式も14例中9例 が膀胱高位切開に ...

関連画像

渡辺眼科 門真市の眼科 日帰り 閉塞性黄疸をきたす良性疾患の 原発性副甲状腺機能亢進症の  結石、胆嚢炎、閉塞性黄疸Mirizzi3.pngアレルギー性紫斑病


★リンクテーブル★
先読み尿路感染症
関連記事続発」「続発性」「結石」「

尿路感染症」

  [★]

urinary tract infection, UTI, urinary tract infections, UTIs
尿路感染

定義

  • 尿路(腎、尿管、膀胱、尿道など)の感染症。尿道炎は別に取り扱われるらしい

疫学

  • 尿路感染症は特に女性に多く、30歳になるまでに4人に1人が罹患。
  • 入院患者の1/3は尿路感染症であり、さらにその3/4以上は膀胱カテーテルを留置されいる患者で起こる。

分類

背景

  • 一般細菌の上行性感染によって起こることがほとんどであり、
  • 単純性尿路感染症:尿路に明らかな基礎疾患がない。
  • 急性、20-30歳代の女性に多い
  • 慢性、高齢の男性に多い

部位

  • 上部尿路感染症:腎盂腎炎
  • 下部尿路感染症:膀胱炎

病因

  • 特異性尿路感染症
  • 非特異性尿路感染症
  • 一般的な尿路感染症

病原体

SMB.607

外来患者

院内感染患者

first aid p.162

Staphylococcus saprophyticus (10-30%) is the 2nd most common cause of UTI in young ambulatory women.

感染経路

  • 外尿道口からの上行性感染

病因

  • 冷え、過度の排尿自制、尿流の停滞、経尿道的操作など

症状

小児科 SPE.615

  • 年長児:
  • 上部:発熱、腰痛
  • 下部:排尿痛、頻尿、尿の混濁
  • 乳幼児:発熱、嘔吐、下痢、食欲不振など非特異的な全身症状
  • 新生児:乳幼児の症状 + 脱水、体重減少、黄疸など。

検査

尿検査

  • 尿:混濁
  • 尿沈渣:1視野(400倍)5個以上の白血球(膿尿)
  • 尿培養:1ml中10^5個以上の細菌 ← 中間尿の定量培養
  • 症状(頻尿、排泄痛、残尿感)ががあれば、これ以下の菌数でも病因的意義がある。

治療

続発」

  [★]

secondary
続発性第二第二級第二次二級二次二次的二次性

続発性」

  [★]

secondary
第二第二級第二次二級二次二次的二次性続発


結石」

  [★]

stone
calculus
核石



石」

  [★]

stone
結石




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡