続発性免疫不全症

出典: meddic

secondary immunodeficiency


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 免疫不全症候群(HIV感染症を含む) (特集 小児感染症2011 : 今どうなっているの?小児の感染症) -- (特殊な病態下における小児感染症の管理,最近の考え方は?)
  • 西田 直徳,金兼 弘和
  • 小児科臨床 64(12), 2597-2602, 2011-12
  • NAID 40019071717
  • かぜを繰り返す (特大号 こんなときどうする「学校保健」--すべきこと,してはいけないこと) -- (不定愁訴・全身症状)

関連リンク

免疫不全疾患は,易感染性を増大させる。続発性のものと原発性のものがあり,続発性の方が多い。 続発性免疫不全症: 原因には,非免疫性の全身性疾患(例,糖尿病,栄養不足,HIV感染),免疫抑制治療(例,化学療法 ...
続発性免疫不全症候群:続発性免疫不全症候群(ぞくはつせいめんえきふぜんしょうこうぐん)とは、白血病や再生不良性貧血あるいは悪性腫瘍、膠原病、ウイルス感染などの後天的な疾患が原因で免疫機能が低下していく病気のこと ...

関連画像

Copyright (C) 1997 T.SAITO. ALL LIGHTS  症の種類(2)続発性骨粗鬆症8) 免疫不全症cryptococcus.png感染症などでは、感染初期にIgM さらにサブクラス(より細かく


★リンクテーブル★
リンク元secondary immunodeficiency
関連記事免疫」「不全」「不全症」「続発」「続発性

secondary immunodeficiency」

  [★]

続発性免疫不全症


免疫」

  [★]

immunity, immune
免疫系

免疫の種類 (PT.246-251)

  主に関与するリンパ球 働き リンパ節での局在
細胞免疫 T細胞 (1)免疫の活性化 傍皮質
(2)抗原を有する細胞への攻撃
液性免疫 B細胞 抗体産生 皮質

T細胞の種類

細胞の種類 補レセプター 抗原を提示する細胞 MHC抗原
キラーT細胞(Tc) CD8 抗原提示細胞 MHCクラスI
ヘルパーT細胞(Th) CD4 全ての細胞 MHCクラスII

ヘルパーT細胞の種類

T細胞 関連する因子 産生する物質 機能
Th1 IL-12

 増殖

IL-2,IFN-γなど 細胞性免疫を促進'

 (1)キラーT細胞NK細胞マクロファージを活性化  (2)遅延型過敏反応により自己免疫疾患に関与

Th2 IL-4

 Th→Th2

IL-4,IL-5,IL-6,IL-10など 液性免疫を促進'

 (1)B細胞好酸球肥満細胞に作用。  (2)即時型アレルギーに関与



不全」

  [★]

機能不全、失敗、不十分不全症不足無能無能力弁閉鎖不全弁閉鎖不全症機能不全症


不全症」

  [★]

failureinsufficiency、(ラ)imperfecta
機能不全、失敗、不十分不全不足弁閉鎖不全弁閉鎖不全症機能不全症

続発」

  [★]

secondary
続発性第二第二級第二次二級二次二次的二次性

続発性」

  [★]

secondary
第二第二級第二次二級二次二次的二次性続発




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡