続発性不妊症

出典: meddic

secondary infertility, secondary sterility
不妊症


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例 帝王切開瘢痕症候群に対する子宮鏡下手術後妊娠例の経験--帝王切開が原因となった続発性不妊症の治療
  • 谷村 悟,松本 多圭夫,小幡 武司 [他]
  • 産婦人科の実際 60(3), 509-513, 2011-03
  • NAID 40018757846
  • P3-335 帝王切開後子宮創部陥凹性瘢痕による続発性不妊症例に対し子宮鏡下瘢痕切除手術後に妊娠した1例(Group139 生殖医学症例,一般演題,第62回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 谷村 悟,小幡 武司,炭谷 崇義,舌野 靖,中島 正雄,南 里恵,飴谷 由佳,舟本 寛,中野 隆
  • 日本産科婦人科學會雜誌 62(2), 736, 2010-02-01
  • NAID 110007686617

関連リンク

続発性不妊症(二人目不妊)とは、一人目は妊娠できたのに、二人目を妊娠できない 状態です。一人目の子供が2~3歳になり、二人目をと考えていても妊娠しないときに 続発性不妊症が発覚するケースが多くなっています。
続発性不妊症について。過去に妊娠した事はあるのに、その後2年間以上、妊娠しない 状態をいいます。

関連画像

治療対象・不妊治療の助成金 適応症 不妊症 妊娠 子宮内膜症 2015年、不妊鍼灸ネットワーク  不妊症」「続発性不妊症」のこ妊娠率統計1|産婦人科・内科 対象 平成19年12月から平成25年1


★リンクテーブル★
関連記事不妊」「不妊症」「続発」「続発性」「

不妊」

  [★]

infertility, sterility
不妊症


女性不妊因子別の初期検査と特殊検査 NGY.254

  初期検査 特殊検査
検査名 時期 方法 検査名 時期 方法
内分泌因子 BBT測定     LHRH負荷試験    
内分泌検査     プロゲステロンテスト    
頚管粘液検査     エストロゲン-プロゲステロン    
経膣超音波検査     その他内分泌検査    
      染色体検査    
卵管因子 子宮卵管造影法     腹腔鏡    
卵管通気法     骨盤腔鏡    
クラミジア抗体     通色素検査    
      卵管鏡    
子宮因子 HSG     子宮内膜日付診    
経腟超音波子宮内膜検査     子宮鏡    
月経血培養     MRI    
      CT    
頚管因子 頚管粘液検査     フーナーテスト    
      ミラー・クルツロック試験    
膣・会陰因子 腟鏡診     クラミジア抗体    
帯下培養     原染色体検査    
その他の因子 抗精子抗体     抗透明帯抗体    
      卵巣自己抗体    
      抗リン脂質抗体    


不妊症」

  [★]

infertility, (絶対不妊に対して用いられる傾向)sterility
sterilitas
不育症不妊


定義

  • 不妊:生殖可能な年齢にあり、正常な性生活を営んでいる夫婦が、避妊期間を除いて2年以上経過しているにもかかわらず妊娠の成立をみない状態。
  • 2年という期間は結婚後妊娠成立までの期間が2年以内で90%に達し、この期間を過ぎると妊娠する例が少ないため。
  • 不妊症:不妊状態にある男女が挙児を希望して妊娠の成立を得るために、何らかの医学的診断、治療を必要とする場合。

疫学

  • 全夫婦の約10%程度に見られる。

分類

原発性か続発性か

  • 原発性不妊症 primary infertility:過去2年間、妊娠の経験のまったくない場合
  • 続発性不妊症 secondary infertility:同一男女の間に1回の妊娠経験があるにもかかわらず、その後、生殖可能な年齢にありながら、挙児を希望して2年間以上妊娠が成立しない場合。

性別

検査

女性不妊症



続発」

  [★]

secondary
続発性第二第二級第二次二級二次二次的二次性


続発性」

  [★]

secondary
第二第二級第二次二級二次二次的二次性続発


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡