絶対安静

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 硝子体再出血例に対する一時的絶対安静(初級編)
  • 池田 恒彦
  • あたらしい眼科 = Journal of the eye 28(6), 837, 2011-06-30
  • NAID 10029052586
  • 急性心筋梗塞のクリティカルパス改訂前後の譫妄発症率の調査
  • 武田 麻衣子,庄司 早苗,可知 晴香 [他],酒井 知美,本間 しのぶ,瀧澤 明美
  • 北海道社会保険病院紀要 5, 35-38, 2005
  • … 当院CCUでは、入室中に譫妄状態となる急性心筋梗塞の患者が多くみられており、長期間の絶対安静が譫妄の発症に関連しているのではないかと考え、クリティカルパスを改訂し、絶対安静期間、CCU在室日数の短縮を行った。 …
  • NAID 120002082033

関連リンク

【ベストアンサー】完全なる絶対安静では入院管理になります。 トイレも歩いていけずベッド上、食事も寝たままです。 ...
体調がなんとなく悪く、生理でもないのに出血(少量)と腹痛で、病院へ行ったとき初めて妊娠を知り、切迫流産と言われました。絶対安静にするようにといわれ、すぐ会社を休み、そのまま退社しました。その後は、安定期に入り ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問107G047」「098A023」「106I075
関連記事安静」「絶対

107G047」

  [★]

  • 4歳の女児。浮腫を主訴に来院した。1週前から顔面の浮腫に両親が気付いていたという。尿量が少ないことも気になっていたという。2か月前に測定した体重は15.0kgであったが、本日は18.7kgである。体温36.6℃。心拍数104/分。血圧86/70mmHg。呼吸数16/分。尿所見:蛋白4+、糖(-)、潜血(-)、沈渣に異常を認めない。血液所見:赤血球480万、Hb 14.8g/dl、Ht 48%、白血球7,300(分葉核好中球51%、好酸球1%、単球4%、リンパ球44%)、血小板40万。血液生化学所見:総蛋白4.9g/dl、アルブミン1.9g/dl、尿素窒素15mg/dl、クレアチニン0.3mg/dl、総コレステロール300mg/dl、AST 15IU/l、ALT 15IU/l、Na 130mEq/l、K 4.0mEq/l、Cl 95mEq/l。入院の上、治療を行うこととなった。
  • 保護者への説明で適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107G046]←[国試_107]→[107G048

098A023」

  [★]

  • 62歳の男性。昨夜突然強い背部痛が出現し、近医で鎮痛薬を投与されたが改善しないため救急車で来院した。
  • 強い背部痛を訴え顔貌は苦悶様。体温36.9℃。呼吸数20/分。脈拍104/分、整。血圧160/90mmHg。胸部の打聴診で異常所見を認めない。腹部は平坦で肝・脾を触知しない。下腿に浮腫を認めない。
  • 血液所見:赤血球416万、Hb12.0g/dl、Ht35%、白血球9,600、血小板21万。
  • 血清生化学所見:総蛋白7.4g/dl、アルブミン3.8g/dl、クレアチニン0.9mg/dl。CRP2.9mg/dl(基準0.3以下)。心電図で左室肥大の所見を認める。胸部造影CTを以下に示す。
  • この患者への対応で適切でないのはどれか。
  • a. 絶対安静
  • b. 鎮痛薬投与
  • c. 鎮静薬投与
  • d. 血栓溶解薬投与
  • e. β受容体遮断薬投与


[正答]
※国試ナビ4※ 098A022]←[国試_098]→[098A024

106I075」

  [★]

  • 45歳の男性。大工。天井作業中に使用していたノミが落下して左眼を受傷したため搬入された。左前眼部の写真(別冊No. 22)を別に示す。
  • 対応として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106I074]←[国試_106]→[106I076

安静」

  [★]

restease
緩和、静止残り安楽和らげる休養



絶対」

  [★]

absoluteobligate
絶対的無条件無水義務を課す偏性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡