結腸ヒモ

出典: meddic

tenia of colon (KH), taenia coli (Z), colic teniae
taeniae coli (M,KL)
結腸半月ヒダ



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 結腸ヒモが途絶した右側結腸軸捻転症による盲腸穿孔性腹膜炎の1例
  • 西科 琢雄,太田 博彰
  • 日本外科系連合学会誌 34(2), 263-267, 2009-04-30
  • NAID 10024801461
  • 穿孔性腹膜炎を発症した消化管アミロイドーシスの2例
  • 二宮 致,西村 元一,橋本 之方,野々村 昭孝
  • 日本消化器外科学会雑誌 27(11), 2471-2475, 1994-11-01
  • … 大腸壁は薄く結腸ヒモは肥厚し白色を呈し, S 状結腸に径約1cmの穿孔を認めた. …
  • NAID 110001315024

関連リンク

S状結腸でみる結腸の外観です。結腸には外縦走筋が外 側に膨らで発達した3条のヒモが観察され、これを結腸ヒ モ(tc)と呼びます(間膜ヒモ、自由ヒモ、結腸ヒモ)。上行と 下行結腸はこのヒモの一つである間膜ヒモにより腹壁に固
言語 表記 発音、読み方 日本語 医学 結腸ひも けっちょうひも ラテン語・英語 複数 teniae coli (英語読み)ティーニー・コーライ (ラテン語読み)テニアエ・コリ 英語 複数 colic teniae コーリック・ティーニー bands of colon バンズ・オブ ...

関連画像

クリックすると拡大クリックすると拡大クリックすると拡大結腸ヒモクリックすると拡大クリックすると拡大


★リンクテーブル★
先読み結腸半月ヒダ
リンク元大腸」「間膜ヒモ」「大網ヒモ」「自由ヒモ
関連記事結腸」「」「ヒモ

結腸半月ヒダ」

  [★]

semilunar folds of colon (N,Z), semilunar fold (KL), crescentic folds of colon
plicae semilunares coli



大腸」

  [★]

large intestine (Z)
intestinum crassum


小腸と比べたときの大腸の特徴 (M.149)

  1. 結腸ヒモという縦走筋繊維からなる3本の太い帯を有する
  2. 結腸膨起という結腸ヒモの間の膨らみを有する
  3. 腹膜垂という脂肪の塊を含む
  4. 内径は小腸よりも大きい

大腸を構成する部位

  1. 盲腸
  2. 結腸(上行結腸横行結腸下行結腸S状結腸)
  3. 直腸
  4. (虫垂)

生理

 1)膨起性往復運動 haustralshuttling movement
 2)(単一)膨起性移送運動 segmentalhaustralpropulsion
 3)多膨起性移送運動 multihaustralpropulsion
  1) 2)により内容物のゆっくりした移動(5cm/hr)
   → 48hrで上行結腸よりS状結腸へ
 4)総蠕動mass movement(mass peristalsis,maSS PrePulsion)
    1-3回/日、強い蠕動→結腸内容物が直腸へ移動(→排便誘発)
 5)収縮回数:直腸 > S状結腸 のため内容物はS状結腸へ移動
   (通常は、直腸に内容物(-))
 6)胃大腸反射 gastro-colonic reflex
  小腸大腸反射 ileo-colonic reflex:胃、小腸に内容物-→結腸に総蠕動(+)

*排便
1)解剖
①内肛門括約筋internalanal
②外肛門括約筋externalanal
sphincter---平滑筋
sphincter山-一横紋筋

2)排便のメカニズム
i)総蠕動一糞便直腸へ
ii)直腸内圧〉20Ⅷ舶g ⇒ 直腸壁伸展⇒ 仙髄排便中枢(S2-4)
  ⇒  ①高位中枢(便奇形成)
      ②排便反射defecation reflex
           内肛門筋弛緩
           外肛門筋収縮(一過性)
          直腸蠕動運動(⇒内圧をさらに高める)
iii) 内圧45-55mmHg以上
    内容物200ml以上
    便意による排便動作 外肛門筋弛緩
               腹筋、横隔膜収縮


間膜ヒモ」

  [★]

mesocolic taenia (Z,N), mesocolic tenia (KL)
tenia mesocolica
結腸ヒモ


  • 図:KL.363
  • 横行結腸において、後壁にあり、結腸間膜の付着部位に存在する

大網ヒモ」

  [★]

omental taenia (N,Z), omental tenia (KL)
tenia omentalis
結腸ヒモ


  • 図:KL.363
  • 横行結腸において、前壁にあって、大網付着部位に位置する


自由ヒモ」

  [★]

free taenia (N,Z), free tenia (KL)
tenia libera
結腸ヒモ


  • 図:KL.363
  • 後壁にあって大網ヒモと間膜ヒモの中間に位置する

結腸」

  [★]

colon (Z)
大腸消化器系

関連構造

疾患

  • 大腸癌
  • 結腸癌:the colon, including the rectum is host to more primary neoplasms than any other organ in the body.



腸」

  [★]

intestine
intestinum
小腸(十二指腸空腸回腸)、大腸(結腸S状結腸直腸盲腸)


ヒモ」

  [★]

strap, tenia, braid, string, cord, Taenia




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡