結石分析

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例報告 酸化マグネシウム製剤服用による大腸多発腸石の一例
  • 川野 道隆,白井 保之,松永 一仁 [他],白澤 友宏,松永 尚治,横山 雄一郎,野原 寛章,近藤 哲,新開 泰司,斎藤 満
  • 山口医学 = Yamaguchi medical journal 62(1), 55-59, 2013-02
  • … 秘に対して酸化マグネシウム製剤を開始した約3年後に腹部膨満が悪化した.腹部CTで大腸内に多発する1cm大の石灰化を有する構造物を認め,下部消化管内視鏡検査では大腸内に多発する黄白色の腸石を認めた.結石分析検査で炭酸マグネシウム結石が疑われたため,酸化マグネシウム製剤の長期投与により形成された腸石を疑い,酸化マグネシウム製剤の中止と排便コントロールを行い,2週間後の腹部CTで腸石は消失した.これ …
  • NAID 120005246298
  • 小腸狭窄に併発した真性腸石をダブルバルーン小腸内視鏡で破砕しえた1例
  • 野嵜 昌,森 昭裕,伏見 宣俊,大橋 憲嗣,吉田 篤生
  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 55(10), 3389-3393, 2013
  • … シコール酸を内服し経過観察中であった.この時に施行した腹部CTでは小腸に異常を認めていなかった.ダブルバルーン小腸内視鏡で,Bauhin弁から約150cmの部位にびらんを伴う輪状狭窄がありその口側に40mm大の腸石を認めた.スネアなどを用い破砕した.回収した結石分析より胆汁酸を主成分とする真性腸石と診断した.内視鏡治療によって外科的治療を回避しえた腸石の症例は稀であり,文献的考察を加え報告する. …
  • NAID 130003386577

関連リンク

結石の一部(中心部分)をとり臭化カリウムを加え粉砕後,錠剤成形し赤外吸収スペクトルを測定し,成分の同定および成分比率の算出を行うのが目的である。また,生体の異常状態にさいして,種々の臓器に結石様物質が生成され,物理的に ...
結石の成分比率を明らかにすることは,結石症の病因を解明し,治療法の決定,効果,再発防止の指導のために重要である. 胆石症は胆石の成分により臨床症状や経過などが異なり,コレステロール結石とビリルビン結石があるが ...

関連画像

摘出された結石です。成分分析 摘出した尿結石(結石分析 結石の1つは分析に 結石分析の結果は、「シュウ酸


★リンクテーブル★
関連記事分析」「結石

分析」

  [★]

analysisanalysesassayanalyzeanalysedissectanalyticalanal
アッセイ解体解剖検定検定法肛門、試験法、精査測定法定量分析法分析用解析アッセイ法解析法


結石」

  [★]

stone
calculus
核石





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡