結合エネルギー

出典: meddic

bond energy



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/07/14 21:23:23」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

関連リンク

反応熱=生成物の生成熱の和-反応物の生成熱の和」の関係ををしっかり覚えておきましょう。 次は結合エネルギーです。多くの結合エネルギーが求められていますが,異なる化合物から求めた結合エネルギーの値は,必ずしも一致 ...
世界大百科事典 第2版 結合エネルギーの用語解説 - 原子核や分子,結晶などのように多数の粒子からなる体系において,これをその構成粒子に分離するのに要するエネルギー。その値が大きいほど結合の度合は強いとみなされる。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元bond energy」「binding energy
拡張検索静電的結合エネルギー
関連記事結合」「エネルギー

bond energy」

  [★]

  • 結合エネルギー
binding energy


binding energy」

  [★]

  • 結合エネルギー
bond energy


静電的結合エネルギー」

  [★]

electrostatic bond energy
結合エネルギー、静電的結合


結合」

  [★]

bindingbondlinkageconnectionconjugationconjunctionunionbonding、engagement,
bindassociateconjugatecombineconnectcoupleengagejoindockligateconjoin
会合関係関与関連協同共役組み合わせ結合性結紮結線従事接合接合体同僚ドッキングバインディング複合物付随併用抱合抱合体結びつける約束癒合癒着連関連結連合連鎖連接、連絡、団結組合参加接続一対合併組み合わせるカップル組合せ


エネルギー」

  [★]

energy
エネルギー代謝


  • 食事のカロリー熱量の意味で使われることがある。ちなみに肝硬変の代償期の食事は30-35cal/kgが推奨される。






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡