経皮内視鏡的胃瘻造設術

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/02/03 13:19:48」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 臨床経験 脳室腹腔シャント症例に対する経皮内視鏡的胃瘻造設術
  • 在宅医療と内視鏡治療 = Home health care, endoscopic therapy and quality of life : PEG・在宅医療研究会会誌 20(1), 61-66, 2016-09
  • NAID 40020946545
  • 経皮内視鏡的胃瘻造設術における他臓器穿刺予防の工夫
  • 在宅医療と内視鏡治療 = Home health care, endoscopic therapy and quality of life : PEG・在宅医療研究会会誌 20(1), 55-60, 2016-09
  • NAID 40020946536
  • 全国多施設共同研究データに基づく経皮内視鏡的胃瘻造設術施行後の生命予後予測ツールの開発
  • 在宅医療と内視鏡治療 = Home health care, endoscopic therapy and quality of life : PEG・在宅医療研究会会誌 20(1), 41-46, 2016-09
  • NAID 40020946518

関連リンク

最近、脳卒中などの後遺症で経口摂取が出来ない患者さんに、経鼻栄養に変わり内 視鏡的胃瘻造設が行われるようになりました。 経皮内視鏡的胃瘻造設術(Percutaneous Endoscopic Gastrostomy:PEG)とは、胃内視鏡を使って行う小手 ...
最近,脳血管障害や認知症の進行に伴うなどによる嚥下機能障害などから経口摂取不良となった患者に対して経皮内視鏡的胃瘻造設術(以下PEG)を行う機会が増えています。当院においても年間約100例のPEGを行っており、本稿ではPEG ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事胃瘻」「経皮」「胃瘻造設術」「内視鏡」「皮内

胃瘻」

  [★]

(治療法)percutaneous endoscopic gastrostomy PEG, (疾患)gastric fistula
胃瘻栄養法胃瘻造設術胃フィステル
  • 経管栄養を目的として胃に造設された栄養瘻である。疾患により胃に穿孔、穿通が生じた場合も胃瘻という言葉が使われる。
  • 適応:経口摂取が不能な場合
  • 管理:瘻孔周囲は自然乾燥させるように努め、湿潤による感染を避ける。チューブの抜去により1日で閉鎖する。



経皮」

  [★]

percutaneousdermaltransdermaltransepidermal
経皮的真皮真皮性皮膚経皮性


胃瘻造設術」

  [★]

gastrostomypercutaneous endoscopic gastrostomy
胃瘻胃瘻栄養法胃瘻造設



内視鏡」

  [★]

endoscope
エンドスコープ
小腸内視鏡大腸内視鏡、電子内視鏡



皮内」

  [★]

intradermalintracutaneousendodermicintradermallyintracutaneously




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3