経産婦

出典: meddic

multipara


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 褥婦不安心理の初産婦と経産婦の比較検討 : 産褥2週間目と産褥1ヵ月目の差異
  • 山田 加奈子,鈴井 江三子
  • 母性衛生 52(4), 593-600, 2012-01
  • … 本研究では,初産婦と経産婦の不安に着目し,産褥2週間目と産褥1ヵ月目ではどういった不安が生じ,またどう不安が変化するのか明らかにするため,「褥婦不安心理票」を作成し調査を行った。 … その結果,経産婦の場合,「産褥2週間目」は「産褥1ヵ月目」に比べ不安が有意に高かった(p<0.01)。 …
  • NAID 110008898055
  • A病院における飛び込み分娩の実態と産婦・家族支援の検討
  • 永田 智子,佐世 正勝,徳原 多賀子,伊藤 悦子
  • 母性衛生 52(4), 578-583, 2012-01
  • … 未受診の理由として,初産婦は未婚,経産婦は貧窮,多忙,健診不要をあげていた。 …
  • NAID 110008898053

関連画像

20: 名無し募集中。。。 2013/08/29 Page: 1 |妊娠線を意地でも予防したい わたしが乾杯の音頭をとる Vergetures après une grossesse経産婦


★リンクテーブル★
国試過去問104F031」「104F030」「103A021」「106G043」「104E051
リンク元para」「経妊婦」「分娩所要時間」「未産婦」「多胎
関連記事経産」「産婦

104F031」

  [★]

  • 次の文を読み、30、31の問いに答えよ。
  • 34歳の経産婦。反復する下腹部痛と少量の性器出血とを主訴に来院した。
  • 現病歴:  妊娠12週まで近くの診療所健診を受けていたが、経済的理由でその後は受診していなかった。本日朝から下腹部痛と性器出血とを自覚した。妊娠37週1日に相当していた。
  • 既往歴・生活歴・家族歴:   特記すべきことはない。
  • 現 症:  意識は清明。身長153cm、体重72kg。体温37.1℃。脈拍84/分、整。血圧142/86mmHg。子宮底長 28cm、腹囲 95cm。3~5分間欠で疼痛を伴う子宮収縮を認める。
  • 検査所見: 尿所見: 蛋白1+、糖(-)。血液所見: 赤血球 320万、Hb 9.5g/dl、Ht 28%、白血球 9,000、血小板 11万。血液生化学所見: 総蛋白 6.5g/dl、アルブミン 3.6g/dl、尿素窒素 16mg/dl、クレアチニン 0.6mg/dl。CRP 0.4mg/dl。



[正答]


※国試ナビ4※ 104F030]←[国試_104]→[104G001

104F030」

  [★]

  • 次の文を読み、30、31の問いに答えよ。
  • 34歳の経産婦。反復する下腹部痛と少量の性器出血とを主訴に来院した。
  • 現病歴:  妊娠12週まで近くの診療所健診を受けていたが、経済的理由でその後は受診していなかった。本日朝から下腹部痛と性器出血とを自覚した。妊娠37週1日に相当していた。
  • 既往歴・生活歴・家族歴:   特記すべきことはない。
  • 現 症:  意識は清明。身長153cm、体重72kg。体温37.1℃。脈拍84/分、整。血圧142/86mmHg。子宮底長 28cm、腹囲 95cm。3~5分間欠で疼痛を伴う子宮収縮を認める。
  • 検査所見: 尿所見: 蛋白1+、糖(-)。血液所見: 赤血球 320万、Hb 9.5g/dl、Ht 28%、白血球 9,000、血小板 11万。血液生化学所見: 総蛋白 6.5g/dl、アルブミン 3.6g/dl、尿素窒素 16mg/dl、クレアチニン 0.6mg/dl。CRP 0.4mg/dl。
  • まず行う検査はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104F029]←[国試_104]→[104F031

103A021」

  [★]

  • 38歳の経産婦。妊娠41週。陣痛発来と破水とを主訴に来院した。入院3時間後の内診子宮口は6cm開大。胎児心拍数陣痛図で、陣痛周期は1分30秒、持続時間は60秒、心拍数基線は160bpm、基線細変動は10bpm、遅発一過性徐脈を示している。
  • まず投与するのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103A020]←[国試_103]→[103A022

106G043」

  [★]

  • 28歳の1回経妊1回経産婦。妊娠38週。 2時間前に水様帯下があり来院した。第1子は自然経腟分娩であった。来院後、 3分間隔の規則的な陣痛が発来した。内診子宮口は4cm関大、児頭下降度SP±0である。先進部は小泉門で2時の位置に触れ、矢状縫合を2時から8時にかけて認める。
  • 児頭の回旋時期の判断で正しいのはどれか。
  • a 第1回旋の直後
  • b 第2回旋の途上
  • c 第2回旋の直後
  • d 第3回旋の途上
  • e 第3回旋の直後


[正答]


※国試ナビ4※ 106G042]←[国試_106]→[106G044

104E051」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 104E050]←[国試_104]→[104E052

para」

  [★]

  • pref
par
  • 近所、両側、以上、以外、不正、不規則、準~、~を補足する、~に従属する
parenteral
  • (化)パラ

  • comb form
  • 防護、避難

  • comb form

  • n.
nullipara 未産婦primipara 初産婦multipara(2回以上子供を産んだ)経産婦

WordNet   license wordnet

「100 para equal 1 dinar in Yugoslavia」


経妊婦」

  [★]

gravid
multigravida
multigravida
妊娠経産婦妊婦初妊婦未妊婦


分娩所要時間」

  [★]

duration of labor
遷延分娩分娩
  • 初産婦:30時間以内
  • 経産婦:15時間以内


未産婦」

  [★]

para
nulliparous, nullipara
未経産婦
未経産出産未経験者経産婦


多胎」

  [★]

multipletsmultiparous
経産婦出産経験のある


経産」

  [★]

multiparaparous
経産婦

産婦」

  [★]

parturient
経産婦




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡