組織挫傷

出典: meddic

tissue contusion, contused wound

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

百科事典マイペディア 挫傷の用語解説 - 打撲などの鈍力による外傷で,皮膚表面の 損傷が少なく皮下組織の損傷が主体をなすもの。症状は皮下出血,浮腫(ふしゅ)などが おもで,さらに深部の骨,腱(けん),内臓の損傷を伴うことがある。...
一般に筋違いや肉離れとよばれる外傷は、正式名を筋挫傷(きんざしょう)といいます。 筋挫傷とは、筋肉や腱(筋肉を骨に付着させる組織)が打撃または無理に伸ばされること によって生ずる怪我です。筋組織をやや伸ばした程度の軽度のものから、組織が完全に ...

関連画像

Q.治療法挫傷ネットでヘタをしたら全治3  傷害の病理組織学的な定義は挫傷(肉離れ、腱損傷)の


★リンクテーブル★
リンク元挫滅傷
関連記事組織」「挫傷」「

挫滅傷」

  [★]

crush injury、crush wound
挫滅挫滅創組織挫傷


組織」

  [★]

tissue
textus
  • 何種類かの決まった細胞が一定のパターンで集合した構造の単位のこと。
  • 全体としてひとつのまとまった役割をもつ。

分類

  • 上皮組織
  • 支持組織
  • 筋組織
  • 神経組織



挫傷」

  [★]

contusion, bruise
contusio
打撲傷打撲



傷」

  [★]

wound
創傷傷つける





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡