組換えマウス

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • モデル生物 : マウスを用いたゲノムDNA解析
  • 村上 学
  • 日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA 125(4), 209-212, 2005-04-01
  • … 20世紀後半における遺伝子組換え動物作製法の開発により,遺伝子の機能を解析するために,遺伝子組換え動物,特にマウスを用いることが一般的になった.遺伝子の機能に注目して遺伝子組換えマウスを考える場合,既製のマウスを導入する場合と,新しくマウスを作製する場合では相当の違いがある.既製のマウスを導入する場合はSPF飼育における検疫が重要である.少人数のグループが新しくマウスを作製する場 …
  • NAID 10016428734

関連リンク

2010年9月10日 ... トップページ > ニュースリリース >2010年9月10日<遺伝子組換えマウスの不適切な 管理について> ... しかし、弊社東京リサーチパーク(東京都町田市)内の一部の実験 において、遺伝子組換えマウスの飼育実数と管理数が合わない事態が ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元ノックインマウス
関連記事組換え

ノックインマウス」

  [★]

knock-in miceknock-in mouse
組換えマウス

組換え」

  [★]

recombinationrecombinantrecombinationalrecombinogenicrecombinantly
組換え型組換え性組換え体再結合リコンビナント組換え産物組換え誘導




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡