組換え

出典: meddic

recombinationrecombinantrecombinationalrecombinogenicrecombinantly
組換え型組換え性組換え体再結合リコンビナント組換え産物組換え誘導

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • トロンボモジュリンによる血管内聖域化 : 生体侵襲性HMGB1-RAGEシステムと遺伝子組換えトロンボモジュリンによるインターベンション (特集 HMGB1-RAGE系を標的とする創薬)
  • 伊藤 隆史
  • 日本薬理学雑誌 = Folia pharmacologica Japonica : くすりとからだ : ファーマコロジカ 143(1), 18-21, 2014-01
  • NAID 40019936572
  • 重要な副作用等に関する情報 ベバシズマブ(遺伝子組換え) (医薬品・医療機器等安全性情報(No.307))
  • 症例 下肢巨大血管腫にDICを合併したKasabach-Merritt症候群患者に発症した卵巣出血の1例 : 遺伝子組換えトロンボモジュリンアルファ製剤の使用経験
  • 鈴木 義也,木村 博昭,廣澤 聡子 [他]
  • 産婦人科の実際 62(13), 2207-2213, 2013-12
  • NAID 40019921133

関連リンク

現在,私は「真核生物の遺伝子相同的組換えの分子機構の解明」というテーマを掲げ,相同組換えの生化学的な側面からの研究を行っています。相同組換えにおいて細胞内の長大なゲノム DNAから如何に塩基配列の似ている部位を ...
文部科学省ではライフサイエンスの広場を通じて、研究分野におけるカルタヘナ法の運用にあたっての考え方等について情報提供しています。 これまで、個別事例としてお問い合わせがあった内容をそのまま掲載しておりましたが ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • ヒト化抗ヒトIL-6レセプターモノクローナル抗体

販売名

アクテムラ皮下注162mgシリンジ

組成

成分・含有量[1シリンジ(0.9mL)中] 有効成分

  • トシリズマブ(遺伝子組換え)注2) 162mg

成分・含有量[1シリンジ(0.9mL)中] 添加物

  • ポリソルベート80 0.18mg
    L-アルギニン 0.132mg
    L-アルギニン塩酸塩 18.8mg
    L-メチオニン 4.03mg
    L-ヒスチジン 1.40mg
    L-ヒスチジン塩酸塩水和物 1.90mg
  • 注2)本剤は、チャイニーズハムスター卵巣細胞を用いて製造される。また、細胞培養工程の培地成分として、ウシの乳由来のガラクトースを使用している。

禁忌

  • 重篤な感染症を合併している患者[感染症が悪化するおそれがある。]
  • 活動性結核の患者[症状を悪化させるおそれがある。]
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • ○既存治療で効果不十分な関節リウマチ(関節の構造的損傷の防止を含む)
  • 過去の治療において、少なくとも1剤の抗リウマチ薬による適切な治療を行っても、効果不十分な場合に投与すること。
  • 通常、成人には、トシリズマブ(遺伝子組換え)として1回162mgを2週間隔で皮下注射する。
  • 血清中トシリズマブ濃度が維持されない状態で投与を継続すると、抗トシリズマブ抗体が発現する可能性が高くなるため、用法・用量を遵守すること。
  • 1回に本剤の全量を使用すること。
  • 本剤の投与開始にあたっては、医療施設において、必ず医師によるか、医師の直接の監督のもとで投与を行うこと。また、本剤による治療開始後、医師により適用が妥当と判断された患者については、自己投与も可能である。(「重要な基本的注意」の項参照)
  • 注射部位反応が報告されているので、投与毎に注射部位を変えること。(「重要な基本的注意」及び「適用上の注意」の項参照)

慎重投与

  • 感染症を合併している患者又は感染症が疑われる患者[感染症が悪化するおそれがある。](「重要な基本的注意」の項参照)
  • 結核の既感染者(特に結核の既往歴のある患者及び胸部X線上結核治癒所見のある患者)[結核を活動化させる可能性が否定できないので、胸部X線検査等を定期的に行うなど、結核症状の発現に十分注意すること。](「重要な基本的注意」の項参照)
  • 易感染性の状態にある患者[感染症を誘発するおそれがある。]
  • 間質性肺炎の既往歴のある患者[間質性肺炎が増悪又は再発することがある。](「重大な副作用」の項参照)
  • 腸管憩室のある患者(「重大な副作用」の項参照)
  • 白血球減少、好中球減少、血小板減少のある患者[白血球減少、好中球減少、血小板減少が更に悪化するおそれがある。](「重大な副作用」の項参照)

重大な副作用

アナフィラキシーショック(0.1%未満)、アナフィラキシー様症状(0.1%)

  • 血圧低下、呼吸困難、意識消失、めまい、嘔気、嘔吐、そう痒感、潮紅等があらわれることがあるので、本剤投与中は、患者の状態を十分に観察し、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、アドレナリン、副腎皮質ステロイド薬、抗ヒスタミン薬を投与するなど適切な処置を行うとともに症状が回復するまで患者の状態を十分に観察すること。また、投与終了後も症状のないことを確認すること。

感染症

  • 肺炎(2.0%)、帯状疱疹(1.6%)、感染性胃腸炎(0.6%)、蜂巣炎(1.0%)、感染性関節炎(0.3%)、敗血症(0.2%)、非結核性抗酸菌症(0.2%)、結核(0.1%未満)、ニューモシスチス肺炎(0.2%)等の日和見感染を含む重篤な感染症があらわれ、致命的な経過をたどることがある。本剤投与後は、患者の状態を十分に観察し、異常が認められた場合には投与を中止するなどの適切な処置を行うこと。

間質性肺炎

(0.4%)

  • 間質性肺炎があらわれることがあるので、発熱、咳嗽、呼吸困難等の呼吸器症状に十分に注意し、異常が認められた場合には、速やかに胸部X線、CT及び血液ガス検査等を実施し、本剤の投与を中止するとともにニューモシスチス肺炎との鑑別診断(β-D-グルカンの測定等)を考慮に入れ適切な処置を行うこと。なお、間質性肺炎の既往歴のある患者には、定期的に問診を行うなど、注意すること。

腸管穿孔

(0.1%)

  • 腸管穿孔が報告されている。本剤投与により、憩室炎等の急性腹症の症状(腹痛、発熱等)が抑制され、発見が遅れて穿孔に至る可能性があるため、異常が認められた場合には、腹部X線、CT等の検査を実施するなど十分に観察し、適切な処置を行うこと。

無顆粒球症(0.1%未満)、白血球減少(4.7%)、好中球減少(1.9%)、血小板減少(2.1%)

  • 無顆粒球症、白血球減少、好中球減少、血小板減少があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなどの適切な処置を行うこと。

心不全

(0.1%未満)

  • 心不全の報告があるので、患者の状態を十分に観察し、異常が認められた場合には投与を中止するなどの適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • 本薬はin vitroにおいて、可溶性及び膜結合性IL-6レセプターに結合してそれらを介したIL-6の生物活性の発現を抑制した15)
  • 本薬は、カニクイザルに投与されたヒトIL-6の活性発現を抑制した16)
  • 本薬は、カニクイザルコラーゲン誘発関節炎において、関節炎発症前からの投与により関節腫脹の発現を抑制するとともに、関節炎発症後の投与により関節の腫脹を改善した17),18)
  • 抗マウスIL-6レセプター抗体は、IL-6トランスジェニックマウスでの貧血状態、蛋白尿、高γグロブリン血症等の所見の発現を抑制し、生存日数を延長させた19)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • トシリズマブ(遺伝子組換え)
    (Tocilizumab(Genetical Recombination))(JAN)

分子式

  • 軽鎖(C1033H1606N278O337S6
    重鎖(C2181H3398N582O672S15:主成分)

分子量

  • 約148,000


★リンクテーブル★
先読みrecombinant」「recombinogenic」「recombinational」「recombinantly
リンク元recombination」「再結合」「組換え体」「組換え型」「リコンビナント
拡張検索相同組換え」「相同遺伝子組換え」「組換えインターフェロンI型」「有糸分裂組換え

recombinant」

  [★]

  • adj.
  • 組換え型の
  • n.
recombinantlyrecombinationrecombinationalrecombinogenic

WordNet   license wordnet

「of or relating to recombinant DNA」

WordNet   license wordnet

「a cell or organism in which genetic recombination has occurred」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「遺伝子の新結合による」


recombinogenic」

  [★]

  • adj.
  • 組換えの、組換え誘導の、組換え産物の
recombinantrecombinantlyrecombinationrecombinational


recombinational」

  [★]

  • adj.
  • 組換えの、組換え性の
recombinantrecombinantlyrecombinationrecombinogenic


recombinantly」

  [★]

  • adv.
  • 組換えで
recombinantrecombinationrecombinationalrecombinogenic


recombination」

  [★]

  • n.
  • 組換え


WordNet   license wordnet

「(genetics) a combining of genes or characters different from what they were in the parents」

WordNet   license wordnet

「(physics) a combining of charges or transfer of electrons in a gas that results in the neutralization of ions; important for ions arising from the passage of high-energy particles」

再結合」

  [★]

recombinationrebindingreunionrejoin
遺伝的組換え組換え


組換え体」

  [★]

recombinant
組換え組換え型リコンビナント


組換え型」

  [★]

recombinant
組換え組換え体リコンビナント


リコンビナント」

  [★]

recombinant
組換え組換え型組換え体


相同組換え」

  [★]

homologous recombination
相同的組換え相同遺伝子組換え
[show details]


相同遺伝子組換え」

  [★]

homologous recombination
相同的組換え相同組換え


組換えインターフェロンI型」

  [★]

recombinant interferon type I


有糸分裂組換え」

  [★]

mitotic recombination




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡