終神経

出典: meddic

terminal nerve


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • メダカを用いた分子遺伝学的手法による魚類「社会脳」の分子神経基盤の解明
  • 奥山 輝大,竹内 秀明
  • 比較生理生化学 31(3), 106-112, 2014
  • … さらに著者らは2014年に分子遺伝学及び電気生理学的手法を組み合わせて,終神経 GnRH3ニューロンがオスを配偶相手として受け入れるか否かのスイッチとして機能することを示した。 …
  • NAID 130004701710
  • ザリガニ局所回路とその抑制経路
  • 長山 俊樹
  • 比較生理生化学 31(1), 3-12, 2014
  • … ザリガニ腹部最終神経節は尾扇肢感覚情報処理・運動出力制御の中枢であり,上行性・局在性スパイキング及びノンスパイキング介在ニューロンからなる局所回路が形成されている。 …
  • NAID 130003394321
  • コオロギの逃避行動と巨大介在ニューロン
  • 松浦 哲也,加納 正道
  • 比較生理生化学 25(3), 96-105, 2008-08-20
  • … これら感覚毛の動きによって感覚ニューロンの活動へと変換された空気流情報は,腹部最終神経節内の複数の巨大介在ニューロンへと伝えられ統合される。 …
  • NAID 10025617119

関連リンク

終神経[0] 終神経 解剖学用語 この神経は、1878年にFritschがサメで発見し、ヌタウナギを除く全ての脊椎動物に存在している。TAでは第0脳神経として終神経が記載されている。終神経は、嗅索とは独立に、その内側を通る神経と ...
神経管の最前部では3つの中空の膨らみが形成され、この構造を3脳胞と言い、この時期を一次脳胞形成期と呼ぶ(図)。この中空の膨らみは吻側から前脳胞(prosencephalon)、中脳胞(mesencephalon)と菱脳胞(rhombencehanon)と呼ばれる。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事神経

神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡