細胞分画法

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 94. 加齢マウス骨格筋におけるRhoA、RhoGDI、SRFの変化 (細胞分画法による検討)(運動器, 第61回 日本体力医学会大会)
  • 佐久間 邦弘,安原 正博
  • 体力科學 55(6), 625, 2006-12-01
  • NAID 110006288248
  • 男子不妊症における精細管内アンドロゲンレセプターの研究
  • 大橋 洋三
  • 日本泌尿器科學會雜誌 81(11), 1686-1693, 1990-11-20
  • … methyltrienolone(R1881)をligandとして測定し,各種パラメーターとの関連性をみた.まず微量サンプルでの測定方法を確立する目的で,前立腺癌患者より除精巣術で得られた分離精細管を用いて基礎的検討を行った.細胞分画法を行わずにtotal intratubular salt-soluble extractを調整し,さらにmicro-receptor assayを行い,これが臨床応用可能であることを証明した.外陰部皮膚ARを同時に測定した34例については,精細管内ARとの関連性を認めず,外陰 …
  • NAID 110003059258
  • 血中CK-MMサブバンド変換因子の物理化学的性状
  • 那須嘉 資雄,高木 康,五味 邦英,石井 暢
  • 昭和医学会雑誌 44(3), 337-342, 1984
  • … gelを支持体とし, 通常のCK isoenzyme分析の通電時間25分を120分に延長して泳動した後, 螢光染色を施し, デンシトメトリーしてCK-MMサブバンド分画比を算出した.また, CK-MMは, 心筋ホモジネートより, 細胞分画法, イオン変換カラムクロマトグラフィー法にて精製したものを用いた.成績: 1) 変換因子は熱に対して不安定であり, しかも低温でその作用が減弱し, 温度依存性が高い.2) 変換因子の発現は2価の陽イオン, …
  • NAID 130001826164

関連画像

参考 細胞分画4.肉眼・顕微鏡、その他の 免疫染色(抗体クローン 森田保久の 高校生物 関係 の


★リンクテーブル★
関連記事」「分画」「細胞

法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


分画」

  [★]

(尿理学・組織学)demarcation, (分画すること?)fractionation
demarcatio



細胞」

  [★]

cell
cellula







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡