紡錘菌

出典: meddic

Fusobacterium
フソバクテリウム
フソバクテリウム属フゾバクテリウム属Fusobacterium属フゾバクテリウムフソバクテリウム


和文文献

  • 紡錘菌に関する研究補遺-1・2-
  • 電子顕微鏡による紡錘菌の形態学的研究特にその鞭毛について
  • 白土 寿一 [他]
  • 口腔衛生学会雑誌 3(1), ????, 1954-04
  • NAID 40017767326

関連リンク

Fusobacterium nucleatum(F.n.)は、線状の長いグラム陰性嫌気性菌で、デンタル プラークなどでは大きな体積比率で存在しています。ヒトの口腔内に常在し、菌の両端 が尖って中心部がやや太いことから紡錘菌とも言われます。F.n.は、歯周病原性菌の1 つ ...

関連画像

 性菌、紡錘菌が居なくなる.JPGFuso紡錘佛手菌 Pseudocolus fusiformis簇生鬼傘明信片紡錘菌簇生鬼傘郵票


★リンクテーブル★
先読みフソバクテリウム属」「Fusobacterium」「フゾバクテリウム属
リンク元フソバクテリウム」「Fusobacterium属
関連記事紡錘」「

フソバクテリウム属」

  [★]

Fusobacterium
  • 無芽胞菌
  • 嫌気性菌
  • グラム陰性桿菌

フゾバクテリウム属

臨床関連


Fusobacterium」

  [★] フゾバクテリウム属


フゾバクテリウム属」

  [★] フソバクテリウム属


フソバクテリウム」

  [★]

(n
[[フソバクテリウム属フゾバクテリウム属紡錘菌Fusobacterium属フゾバクテリウム


Fusobacterium属」

  [★]

Fusobacterium
フソバクテリウム属フゾバクテリウム属紡錘菌フゾバクテリウムフソバクテリウム


紡錘」

  [★]

spindle
紡錘形紡錘状紡錘体紡錘波スピンドル
-spindle


菌」

  [★]

fungusfungimicrobial
菌類真菌真菌類微生物




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール
  • is ga ar it id cy uk et nl el hr sv es sk sl sw sr th cs da de tr no hu fi fr bg vi iw be fa pl pt mk lv lt ro ru en ko cn ja


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1ホーマンズ徴候 99
2デキサート 78
3日常生活自立度 77
4グラム陽性桿菌 73
5包茎 恥垢 61
6高アンモニア血症 58
7リンパ節 58
8音声チック 57
9immunoelectron microscopy wikipedia 57
10桃源病 57
11猫 無尿 57
12層が厚い とは 57
13オーガナイザー什么意思 57
14バウヒン弁 57
15ライムサイクリン 57
16"This may occur in " 56
17飢餓症候群 55
18O’Shea, R. P., Roeber, U., & Bach, M. (2010). Evoked potentials: Vision. In E. B. Goldstein (Ed.), Encyclopedia of Perception (Vol. 1, pp. 399-400, xli). Los Angeles: Sage. ISBN 978-1-4129-4081-8 Sistemik aktifity brain respon 52
19aHR0cDovL21lZGRpYy5qcC9NRVMlRTclQjclQTklRTglQTElOUQlRTYlQjYlQjI= 52
20マレイン酸プログルメタシン 51

昨日の人気記事
 タイトル表示
1バウヒン弁 57
2オーガナイザー什么意思 57
3aHR0cDovL21lZGRpYy5qcC9NRVMlRTclQjclQTklRTglQTElOUQlRTYlQjYlQjI= 52
4O’Shea, R. P., Roeber, U., & Bach, M. (2010). Evoked potentials: Vision. In E. B. Goldstein (Ed.), Encyclopedia of Perception (Vol. 1, pp. 399-400, xli). Los Angeles: Sage. ISBN 978-1-4129-4081-8 Sistemik aktifity brain respon 52
5マレイン酸プログルメタシン 51
6ケトーシス 47
7デキサート 15
8作業記憶 15
9ホーマンズ徴候 13
10ヘルペス 湿疹 違い 12
11日常生活自立度 12
12粟粒性結核 観察 12
13上皮間葉相互作用 10
14早期産児 脳性麻痺 小児科学 9
15高アンモニア血症 9
16ロンベルグ徴候 9
17エルプ領域 8
18フェンタニル 8
19痙性歩行 8
20サクシゾン 作用 7