精神的ストレス

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • バレニクリンによる禁煙治療を行った、双極性障害を合併した性同一性障害の1例
  • 疫学研究レビューからみた震災発生からの経過時間と疾患発生との関連
  • 骨粗鬆症の危険因子としての慢性の精神的ストレス

関連リンク

ストレスとはまったく意識していないもの、非常に楽しいこと、など実にたくさんの意外なものがストレスの原因となっています。精神的、身体的ストレスの原因について、具体的に詳しくご紹介します。
精神的ストレスは、ある出来事に対して「この出来事は自分に対してマイナスである」 と思うことがストレスです。 落ち込み・悲しみ・恐怖・ひがみ・ねたみ・不安・あせり・苛立ちなどの感情は、マイナスな思考が脳内で渦巻いて ...

関連画像

 精神的ストレスが「頭痛」を精神的ストレスと物理的 おもな原因は精神的ストレス。精神的ストレスがあると、寝る  精神的ストレスによって精神的 ストレス を 運動 する


★リンクテーブル★
国試過去問107E060」「107B060」「104G043
リンク元emotional stress」「苦痛」「生活ストレス」「心理的ストレス」「情動ストレス
関連記事ストレス」「精神的」「」「レス

107E060」

  [★]

  • 次の文を読み、58~60の問いに答えよ。
  • 79歳の男性。ふらつきを主訴に来院した。
  • 現病歴:3年前に妻を亡くし、1人暮らし。隣県に住む娘が時々様子を見に来ており、数か月前から物忘れが目立ち、残薬も多いことに気づいたが、主治医には知らせていなかった。食事は給食サービスを受けていたが、服薬管理など生活上の問題を心配した娘が、2週前に老人ホームに入居させた。以後は介護職員が薬を管理している。約1週前から起立時や歩行時にふらつきを自覚するようになり、心配した職員に付き添われて受診した。
  • 既往歴:60歳で高血圧症と糖尿病とを指摘され、1年前から利尿薬、β遮断薬、抗血小板薬、スルホニル尿素薬およびアンジオテンシン変換酵素阻害薬を処方されている。この1年間処方内容は変更されていない。
  • 家族歴:父親が脳卒中のため65歳で死亡。
  • 現症:意識は清明。身長165cm、体重67kg。体温35.8℃。脈拍36/分。血圧128/64mmHg。呼吸数16/分。口腔内は湿潤している。心雑音を聴取しない。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。四肢の筋力は保たれており、浮腫を認めない。腱反射に異常はない。
  • 検査所見:血液所見:赤血球407万、Hb 12.4g/dl、Ht 38%、白血球6,800、血小板18万。血液生化学所見:随時血糖126mg/dl、HbA1c(NGSP)6.5%(基準4.6~6.2)、総蛋白7.0g/dl、アルブミン3.8g/dl、尿素窒素18mg/dl、クレアチニン1.2mg/dl、AST 38IU/l、ALT 32IU/l、Na 135mEq/l、K 4.6mEq/l、Cl108mEq/l。CRP 0.3mg/dl。心電図(別冊No.8)を別に示す。
  • 老人ホーム入居に伴う変化で、ふらつきの発生に最も関係したと考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107E059]←[国試_107]→[107E061

107B060」

  [★]

  • 次の文を読み、58~60の問いに答えよ。
  • 57歳の男性。便潜血検査で異常を指摘され精査のため来院した。
  • 現病歴:50歳時に大腸ポリープで内視鏡的切除術を受けた。その後、特に症状を認めないためそのままにしていた。先日、同僚が大腸癌で手術を受けたため、自分も癌ではないかと気になり自宅近くの診療所を受診した。尿検査、血液検査および腹部超音波検査で異常はなく、便潜血検査で陽性を指摘され受診した。
  • 既往歴:28歳時に急性虫垂炎で手術。
  • 生活歴:喫煙は20本/日を25年間。飲酒はビール350ml/日を35年間。2年前から禁煙、禁酒している。
  • 家族歴:父親が大腸癌のため89歳で死亡。
  • 現症:身長165cm、体重67kg。体温36.6℃。脈拍72/分、整。血圧130/84mmHg。呼吸数14/分。右下腹部に軽度の圧痛と手術後の瘢痕とを認める。筋性防御と反跳痛とを認めない。腫瘤を触知しない。
  • 検査所見:血液検査:赤血球420万、Hb 13.4g/dl、Ht 42%、白血球8,200、血小板28万。血液生化学所見:総蛋白7.2g/dl、アルブミン3.8g/dl、総コレステロール230mg/dl、AST 36IU/l、ALT 36IU/l。CRP 0.03mg/dl。これまでの臨床経過と既往歴から下部消化管内視鏡検査を行った。下行結腸の内視鏡像(別冊No.6)を別に示す。
  • 患者から「この病気が日本で増えているとおっしゃいましたが、その原因は何ですか」と質問があった。
  • 適切な回答はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107B059]←[国試_107]→[107B061

104G043」

  [★]

  • 45歳の男性。独身。事務職。会社の定期健康診断の結果を持って医務室を訪れた。自家用車で通勤している。普段は朝食をとらずに出社し、昼と夜の食事は外食が多い。休日は自宅で映画のDVDを鑑賞して過ごしている。喫煙歴はない。飲酒は日本酒2台/週を23年間。定期健康診断の結果: 身長 165cm、体重 60kg、腹囲 78cm。血圧 142/88mmHg。尿所見: 蛋白(-)、糖(-)、血液生化学所見: 空腹時血糖 100mg/dl、HDL-コレステロール 36mg/dl、LDL-コレステロール 120mg/dl(基準65-139)、トリグリセリド 120mg/dl、AST 25IU/l、ALT 30IU/l、γ-GTP 40IU/l(基準8-50)、胸部エックス線写真と心電図とに異常を認めない。同時に実施した食事調査では摂取エネルギー量 2,200kcal/日、塩分摂取量 12.5g/日であった。
  • 指導として適切なのはどれか。2つ選べ。
  • a 禁酒
  • b 塩分摂取の制限
  • c 摂取エネルギー量の制限
  • d 身体活動量の増加
  • e 精神的ストレスの軽減
[正答]


※国試ナビ4※ 104G042]←[国試_104]→[104G044

emotional stress」

  [★]

anguishlife stresspsychological stresssuffering

苦痛」

  [★]

sufferinganguish
苦悶精神的ストレス心理的ストレス生活ストレス

生活ストレス」

  [★]

life stress
苦痛精神的ストレス心理的ストレスライフストレス


心理的ストレス」

  [★]

psychological stress
苦痛精神的ストレス生活ストレス


情動ストレス」

  [★]

emotional stress
精神的ストレスストレス


ストレス」

  [★]

stress
応力強調緊張力点

内分泌系への影響

  • 血中濃度上昇:成長ホルモン、副腎皮質刺激ホルモン、プロラクチン
  • 血中濃度低下:卵胞刺激ホルモン、黄体形成ホルモン、エストロゲン



精神的」

  [★]

mentalpsychicspiritualmentally
心霊的心理霊的


的」

  [★]

target
ターゲット標的

レス」

  [★]

loess
黄土



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡