粘液染色

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 大腸低分化腺癌の臨床病理学的検討--粘液大腸癌との比較を中心として
  • 福家 博史,杉本 真也,山本 玲 [他]
  • 日赤医学 61(2), 372-376, 2010-11-30
  • NAID 40017659335

関連リンク

粘液(ムチン)の免疫染色 埼玉医科大学国際医療センター 病理診断科 伴 慎一 目次 Ⅰ.粘液とムチン Ⅱ.ムチンの分類 Ⅲ.主なムチンの正常組織における存在部位 Ⅳ.ムチン(粘液)の免疫染色とその実際 Ⅰ.粘液とムチン
*1 PAS・ABとはPAS染色とPH2.5アルシアン青二重染色をさします。 *2 プロテオグリカンの酸性粘液多糖類に属する軟骨や、肥満細胞、結合組織基質は実際にPAS染色を施すと赤く染まってきま すが、これは ...

関連画像

 粘液(ムチカルミン染色)してブルー染色は、粘液を染色  内の粘液(ムチカルミン染色ブルー染色は、粘液を染色

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
関連記事染色

染色」

  [★]

staining
染色法





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡