粘液形成肉腫

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

3.肉腫の種類と診断 体幹の肉腫としては、骨や軟部の肉腫が発生しますが、特に体幹での発生が多いユーイング肉腫、軟骨肉腫、粘液型線維肉腫や未分化多形肉腫が多くなります。からだの奥(深部)に発生するので、発見が ...
表1:脂肪肉腫の組織亜型 高分化型 異形脂肪腫様腫瘍を含む もっとも一般的な組織亜型である(脂肪肉腫の50%を占める) 低悪性度で、転移はしないが、局所再発しうる 脱分化の危険性あり 粘液型 中間悪性度である

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事肉腫」「形成」「

肉腫」

  [★]

sarcoma
癌腫 carcinoma悪性非上皮性腫瘍


特徴 癌腫
carcinoma
肉腫
sarcoma
由来 上皮 間葉系組織
良悪性 悪性 悪性
発生頻度 比較的多い
転移形式 多くがリンパ行性 多くが血行性
in situ時期
上皮内癌
粘膜内癌
有り 無し
年齢 老人・中年(50歳以上) 若年・壮年(50歳以下)


形成」

  [★]

形式形態構造組成品種編成フォーム成立形づくる


腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡