粒子凝集法

出典: meddic

particle agglutination test, PA test
PA法


概念

  • 血清学的診断法
  • 血清学的診断法の中では比較的感度が高い
  • 操作は用意であり短時間で実施できる
  • スクリーニング検査に利用される


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 当院職員を対象とした麻疹抗体価測定およびその年齢階層別分析
  • 吉澤 裕義,三好 幸三,原 敏博
  • 日本環境感染学会誌 = Japanese journal of environmental infections 24(6), 411-416, 2009-11-25
  • …   当院職員530名を対象として麻疹抗体価を測定し,年齢階層別に解析した.測定はゼラチン粒子凝集法(PA法),酵素免疫蛍光法(ELFA法)でおこなった.この2法により得られた結果には相関が見られたので,麻疹抗体価測定には安価で簡便なPA法で十分と考えられた. …
  • NAID 10026902040
  • 感染症の検査方法 マイコプラズマ感染症

関連リンク

受身(粒子)凝集反応(PA), 固相化ゼラチン粒子にウイルスを吸着させ、これに抗体を 反応させ、凝集の有無により証明。 ○PHAに比し非特異的凝集が少ない. ウエスタン ブロット法(WB), 転写膜に分画された抗原タンパクのバンドと特異的に反応する抗体を ...
体外診断用医薬品. 製造販売承認番号 16100EZZ01366000. **2011年5月改訂( 第3版). *2010年3月改訂(第2版). 血清中の抗マイコプラズマ抗体の. 検出用試薬. マイコプラズマ抗体キット. (ゼラチン粒子凝集反応試薬). 使用に際してはこの添付文書 ...

関連画像

凝集粒子の再分散も可能ゼラチン粒子に検体である 凝集反応 ラテックス凝集法  粒子凝集法(PA法)とう検査法を 粒子を利用した光散乱体を開発ラテックス凝集法 | 測定原理


★リンクテーブル★
リンク元PA」「PA法」「particle agglutination test
関連記事凝集」「粒子」「

PA」

  [★]

  • 微生物学:粒子凝集法(particle agglutination test)
  • 薬理学:


PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「personal assistant個人秘書 / public address [system]」

PA法」

  [★]


particle agglutination test」

  [★] 粒子凝集法 PA test


凝集」

  [★]

agglutinationaggregationaggregateagglutinateclumpaggregate
凝集塊凝集体集合集合体凝集物アグリゲート

粒子」

  [★]

particlegrainparticulate
木目穀物子実グレイン微粒子粒子性粒状


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡