管理血清

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 第30回イムノアッセイ検査全国コントロールサーベイ成績報告要旨(2008年)
  • 第29回イムノアッセイ検査全国コントロールサーベイ成績報告要旨(2007年)

関連リンク

凍結品のため溶解の必要がなく、解凍後はそのまま使用可能。 酵素は日本臨床検査標準協議会が認証する常用酵素標準物質(ERM)を基に値付け。 酵素の反応性はヒト血清に近似し、濃度は検量用ERMの精度管理に適するように ...
【ベストアンサー】臨床検査に用いる 精度管理用の血清です。 ある検査項目の値が、あらかじめ判っている 血清で、高濃度や低濃度など数タイプ使います。 これを毎日の始業前や、検査の前後 ...

関連画像

試料による精度管理 管理血清  管理することが望ましいと (組織、血清)サンプル管理全自動免疫血清検査システム


★リンクテーブル★
関連記事血清」「管理

血清」

  [★]

serum (Z), blood serum
  • 血液を凝固させて生じた血餅を取り除いて得られる黄色い透明な液体 (SP.484)
  • 血漿からフィブリノーゲンと凝固因子を取り除いたもの

関連

検査

保存

  • 血清の保存は冷蔵1週間、冷凍は-80℃


管理」

  [★]

規制監督経営コントロール支配制御対応対照調節投薬投与与薬行政




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡